カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 上溝雪歩 | トップページ | 当矢壱七 »

2010年2月14日 (日)

如月厚木

昨日とはうって変わって晴天の日曜。久々に市外遠征に行く事にした。最近気になっているのは相模原の奥地と厚木周辺なので本厚木に電車で向かう。朝9時半に家を出て横浜駅から相鉄線に乗り換え海老名に向かう。更に小田急線に乗り換え本厚木に到着したのは11時20分頃。本厚木バスセンター、サティの方向に歩いて中央通りの商店街へと向かう。最初の目的店『虎一(とらいち)』を発見したがまだ準備中だったので、しばらく待って暖簾が出された瞬間に入店。昨年12月オープンしたばかりの味噌ラーメン専門店だ。L字型カウンター12席。厨房には若い男の店主と女性スタッフ2人。店内には虎の絵や置物が置いてある。我に続いて立て続けに6人来客あり。口頭で注文。

Toraichi01 らーめん 虎一 『虎一味噌らーめん』 750円

味噌と辛味噌の2種のみのメニュー。ランチサービスで半ライスが無料なので頼んだ。浅い丼で登場。見るからに濃厚そうなスープ。味見をしてみるとやはりややしょっぱさを感じるほどの濃厚な味噌味。麺は中太ちぢれ麺でもっちりと歯ごたえがあってスープと良く絡む。具は水菜、もやし、海苔1枚、小型角煮タイプチャーシュー2個。最初濃いかな?と思っていたスープも具材と混じる事によってなじんできてちょうど良くなった。麺を食べ終えた後にご飯を丼にぶち混んで味噌おじやにして見事完食。久々に我の中の味噌ランクの上位に食い込んできた秀逸の味噌ラーメンだった。

『麺や食堂』、『本丸亭』等が並ぶ相模川沿いの大通りを南下する。『ラオシャン』や『壱六家』等を通り過ぎ更に進む。1kmほど歩いたところに昨年2月にオープンした家系ラーメン店『鉉(げん)』を発見した。入店すると入口に厨房と向かいの一列のカウンター6席があり、その奥に4人がけの丸テーブル4卓があった。店内の照明が暗く居酒屋の雰囲気。厨房には男2人。日曜の昼時で前後客無し。口頭で注文。

Ramendokorogen01 らー麺処 鉉 『らー麺(麺かため・油多め)』 600円

基本のらー麺豚骨濃度も醤油ダレも濃いめなので『吉村家』直系の味に近いが味はそれ以上にまろやか。大きめの海苔と肉厚の巻きバラチャーシューが特徴的。家系の中でも独自の路線に向かっている。こちらも美味しかった。

« 上溝雪歩 | トップページ | 当矢壱七 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月厚木:

« 上溝雪歩 | トップページ | 当矢壱七 »