カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 如月厚木 | トップページ | 厚木車行 »

2010年2月19日 (金)

当矢壱七

とりあえず大緊急の仕事の峠は越えたので7時前に退社。一度町田に出て小田急線に乗り換える。珍しくスムーズに急行に乗る事が出来た。本厚木で下車。今日は駅北口周辺の未訪問店に行くことにした。まず最初は『当り矢』なる店へ。駅前周辺にあるかと思っていたら5分以上歩く事になった。的に矢が刺さった絵が書かれたゲートがありその奥に引き戸式の自動ドア。座敷席があり壁には各メニューが書かれた短冊が貼られた居酒屋的な雰囲気。座敷席には親父達が赤ら顔で煙草をプカプカ吸っている。メニューもラーメン専科と謳いながら定食メニューが豊富にある。L字型カウンター12席くらいと座敷には6人がけテーブルが4卓。厨房には男2人とおばちゃん1人。口頭で注文。

Atariya01 ラーメン専科 当り矢 『味噌らーめん』 850円

筆頭が味噌だったので注文。何段階かある辛味を入れる事も出来るのだが、元の味を知りたくて辛味抜きで注文。白味噌ベースのいたってフツーの味噌ラーメン。麺はちぢれ太麺。具は薬味ネギ、もやし、ニラ、メンマ数本、キクラゲ、スライス茹で玉子。豚コマが数個入っていた。特筆すべき事もなく普通であったとしか言いようがない。

駅の方に戻り、更にバスセンターの方向に向かって歩く事1分。先日『虎一』に行く時に途中で発見し気になっていた店『壱七家』へ。明らかに『壱六家』姉妹店だが、『壱八家』ってのは知っていたが『壱七家』って初めて見たぞ。先月29日にオープンしたばかりだという。確かに店の様子が真新しい。入口に券売機。奥に長い店内。店員は男ばかり5人。L字型カウンター15席くらいと2人がけテーブル席が4卓。だいたい7割程度の客入りだ。

Ichinanaya01 横浜家系ラーメン 壱七家 本厚木北口店

『醤油ラーメン(麺かため・油多め)』 650円

全くといっていいほど『壱六家』と同じ豚骨主体のタイプ。チャーシューがやや大きめかなくらいで後は全く一緒。家系だから美味しいけど、壱六家系も飽きてきたなぁ。それにしても本厚木駅周辺は『壱六家』(鉉の近く)、『壱七家』、『壱八家』(駅南口前)の揃い踏みだ。

帰りはいつも通り海老名から相鉄線で戻った。

« 如月厚木 | トップページ | 厚木車行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当矢壱七:

« 如月厚木 | トップページ | 厚木車行 »