カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 萩園遠出 | トップページ | 三幸炒麺 »

2010年1月11日 (月)

汐星藤龍

昨日とうって変わって空は雲が立ち込め寒い。こんな時は外出はしたくなかったが磯子に出来たという新店が気になって厚着して家を出てた。いつも通りスクーターで行こうと思ったけどあまりの寒さに電車で行く事にした。風邪を悪化させたくはない。最寄駅から京浜東北線に乗り新杉田で下車。京浜急行杉田駅へとつながる商店街「ぷろむなーど杉田」を入り1分弱歩いた辺りにラーメンと書かれた幟を発見。先月25日にオープンした函館ラーメンの店『汐星』だ。白と黒のツートンの内外装。開店間も無い為か厨房には男2人女4人もの店員がいた。厨房前に一列のカウンター8席と窓際に2人がけテーブル席1卓。仕切りの向こうにも2人がけテーブル席3卓くらいありそうだった。先客10人くらい後客4人。口頭で注文。

Sioboshi01函館らーめん 汐星 『塩らーめん』 600円

筆頭メニューを注文。じんわり魚介出汁の効いていながらちゃんとしょっぱさも伝わる塩スープ。縮れ細麺の茹で加減もちょうどいい。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ数本、ナルト1枚、海苔1枚、脂身の多いチャーシュー1枚。このトロトロで甘い味付けのチャーシューが美味かった。普通に美味しかったけど、魚介ダシと塩味、どちらに寄るのかハッキリさせた方がいいかもしれないな。

商店街を抜け根岸線高架下辺りの方まで歩く。以前かまくら家姉妹店の『藤家』があった場所にチェーン店のようなラーメン店に変わっていたのは前から知っていたので気になっていたのだ。ラーメンの写真が描かれた大きな看板に「ラーメン480円」の文字。ここは値段で勝負の店らしい。屋号は「藤龍」杉田店とある。あまり屋号は変わっていない。入店すると入口脇に券売機。手前に一列のカウンター8席と2人がけテーブル席が4卓ほど。黒を基調にした店内で意外と綺麗だった。厨房は奥にあり中国系と思しき男女2人がいた。先客1人後客ゼロ。

Fujiryuu01横浜とんこつラーメン 藤龍 杉田店

『とんこつラーメン(麺かため・油多め)』 480円

一応家系に準じて好みを選べる。ほうれん草ではなくワカメが入った値段相当な一杯。ちょっと麺がかため過ぎな感じ。それでも先日伊勢佐木町に出来た『濱家』よりは値段も味も良いと思う。

早々に帰宅した。寒い。

« 萩園遠出 | トップページ | 三幸炒麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汐星藤龍:

« 萩園遠出 | トップページ | 三幸炒麺 »