カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鴨居山剛 | トップページ | 萩園遠出 »

2010年1月 9日 (土)

雷文再訪

3連休初日も休日サービス出勤だ。タダ働きだから気楽なはずで自分の片付けたい仕事をしてしまえばいいのだが、下らない仕事をしただけで半日が終わってしまった。あまりの効率の無さに嫌気がさし15時半頃に退社した。結局本当に終わらせたかった仕事が出来なかった。

せっかく土曜にこちらに来ているのだから、この辺りの有名店に行ってみる事にした。そこでまず頭に浮かんだのは『雷文(らいもん)』。3年半前初訪問したのだが、あの時標準のラーメンではなく「こってり」を選択してしまい、基本の味を確認出来なかった事を後悔していて気になっていたのだ。久々に町田からバスに乗る。15分ほどして店付近のバス停到着。歩いてすぐ店の看板を発見出来た。初訪問時、真夏に開店前の大行列に並んだ事を思い出したので、店の前の行列を想定したが何と静かなこと。こうみると普通の民家そのものの店舗だな。引き戸を開け入店。するとこれも意外な事に先客ゼロ。看板おばさん店主は店の隅で何やら町内会かテレビか判らないがイベントの打ち合わせをしている。厨房には息子店主一人。口頭で注文。食べ終わる頃に後客4人来客。

Raimon01室蘭ラーメン 雷文 『ラーメン(正油)』 700円

以前あったあっさりとこってりの選択肢が無くなっている。ともかく筆頭メニューを注文。すぐにラーメンは作られた。スープは鶏ガラベースでやや油多め。旭川ラーメンと東京ラーメンの中間のような感じ。じんわりと旨みが伝わってくる。麺はかために茹でられた黄色いちぢれ細麺。具は薬味ネギ、メンマ数本、ロースチャーシュー1枚。丁寧に作られたスタンダードな一杯だったが、有名度に比してあまりインパクトはなかったなぁ。

« 鴨居山剛 | トップページ | 萩園遠出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷文再訪:

« 鴨居山剛 | トップページ | 萩園遠出 »