カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 佐野地麺 | トップページ | 年末迷麺 »

2009年12月30日 (水)

大津家系

昨日遠征したので今日は近場でチャチャッと済ませたい。そして遠征後は決まってホームの家系が食べたくなる。という訳で近場ではないけど短時間で行ける横須賀市大津へ。11時前に家を出て上大岡までスクーターを飛ばして京浜急行特別快速に乗り新大津まで一気に到着。改札前の坂を下るとすぐ『大津家』を発見。9月5日にオープン。店長は『壱六家』横須賀店出身との事。赤いテント屋根の看板と黒い内装。厨房には店主と女の店員2人。入口脇に券売機。L字型カウンター15席。先客2人後客10人。

Ootuya01横浜家系ラーメン 大津家

『ラーメン(麺かため・油多め)』 590円

筆頭は「大津家6.3.1」という海苔6枚、チャーシュー3枚、味玉1個という特のせっぽいヤツだったので回避して基本のラーメンを注文。『壱六家』系こってりクリーミースープだけどトレードマークの鶉の卵はない。でもチャーシューはちゃんと炙られていて肉厚だ。家系として標準以上のレベルだと思う。現在650円が普通価格だが600円を切る値段で提供しているのは好感が持てた。

昨年5月にこの辺りの家系3連食を敢行した。その際に当初目的の店以外にもラーメン店が並んでいたので気になっていた。だからまだこの辺には未方の店があるはずだと探したら案の定はす向かいにラーメン店を発見。屋号は『つくし亭』大津店。どこかで聞いた事がある屋号だが忘れた。いかにも場末っぽいラーメンショップの雰囲気で一瞬入るのを躊躇った。それでも暖簾を割り入店。やはり先客ゼロ。L字型カウンター8席と7席のテーブル1卓くらい。厨房には中年夫婦か?奥さんの方は腰がおかしいようだ。口頭で注文。後客3人。

Tukushiteiootu01 とんこつラーメン つくし亭 大津店 『ラーメン』 650円

暖簾に大きく「とんこつラーメン」と書かれていたが、やはり典型的な家系ラーメンだった。クリーミーで『大津家』と比較しても味は劣っていないが麺がやや細めである事と、同じようなラーメンで値段が違うのがやはり気になってしまったな。チャーシューはホロホロと柔らかく味付けも良かった。店を出る時気がついたのだが店の前に監視カメラを設置していたのが気になった。どういう意味だ?

途中上大岡でパン屋に寄ったが13時前に帰宅出来た。

« 佐野地麺 | トップページ | 年末迷麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大津家系:

« 佐野地麺 | トップページ | 年末迷麺 »