カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 日曜月島 | トップページ | 相模二郎 »

2009年12月16日 (水)

三陽再訪

野毛三大大衆中華屋シリーズ第一弾。今日も定時退社日ながら10時近くまでただ働き。かなり迷ったが今日行くと決めていたので桜木町へスクーターを飛ばす。最近テレビで野毛の店が紹介されたのでこの辺りの店は繁盛しているらしい。スクーターは大通り脇に置いて早速野毛の中心部にある「毛沢東もビックリ!周恩来も驚く!ギャルのアイドル!」『三陽』へ。この寒いのに店外のテーブルまでぎっちり客が座っている。だがタイミング良く店内の集団客が出てきたので早速入店。汚い中華屋なので喫煙可の上猛烈に狭い。隣客のヒジが気になり、背中と壁の狭い間を「擦り抜ける」という表現がぴったりな感じで中国系女店員が行きかっていく。親父が盛んに餃子を勧めてくるので餃子と当初の目的を口頭で注文。

Sanchinnoge01Sanchinnoge02_2 中華 三陽

『チョメチョメ麺』 800円+『餃子』 400円=1200円

看板のチンチン麺に溶き卵と韮キムチが加わったもの。スープは塩味でニンニクが猛烈に効いている。麺は多加水ストレート太麺。具は韮キムチ、玉ネギ、豚こま炒め、溶き卵。こちらの方がニュータンタンメンのようでチンチン麺よりいい感じ。餃子は普通のものよりニンニクが効いていた以外はごく普通のものだった。

« 日曜月島 | トップページ | 相模二郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/47039407

この記事へのトラックバック一覧です: 三陽再訪:

« 日曜月島 | トップページ | 相模二郎 »