カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 相武来来 | トップページ | 大津家系 »

2009年12月29日 (火)

佐野地麺

年末休暇初日。今年最後の悪あがきで地方遠征してみる事にした。目的地は栃木県佐野市。関東近辺でご当地ラーメンとして有名な佐野ラーメン。遠征を考えた場合もちろん視野に入れていて前から行こう行こうと思っていたのだ。ところが電車の経路を検索したら、片道3時間で1時間間隔でしか出ていないのだ。近場だから土日使っても行けると思ったら大誤算だ。でも今日ならばまだ年末休業に入っていないだろうからチャンスだと考えた。朝7時15分過ぎに家を出て近所の寺に参拝してから最寄駅へ。空は雲が多くてとても寒い。何故こんなに早く出発する必要があるかと言えば、佐野で人気No.1の店『とかの』は限定約80食、開店前から凄い行列が出て回転率も悪いと聞いていたからだ。その行列で足止めされるのであればもう早めに並んで行列回避すれば逆に効率的なはずだと考えたからだ。京浜東北線で一気に上野まで北上し、日比谷線に乗り換え北千住へ。そこで東武鉄道に乗り換える。この時間で早めに到着するには特急に乗るのもやむを得ない。ちょっと抵抗はあったが、りょうもう号という特急に乗る為1000円の特急料金を払い乗車。さすが特急、暖房も効いてるし足を載せる台などもあり乗り心地は良い。気がつけば空に雲はなくなり良い天気。車窓から見える景色は冬の日本を感じさせる一面の枯野と青空、立ち並ぶ高圧電線の鉄塔など。約50分ほどで群馬県館林に到着。そこから東武佐野線という3両編成の電車に乗り換え10時半前に佐野に到着。そこで駅前通りにレンタサイクルの文字を発見。これは良い。早速借りる。時間制で料金後払いだ。早速出発!すぐに目的店『とかの』に到着。開店予定時刻55分前だ。道路を挟んだ反対側にある専用駐車場に自転車を止め、店の前の席待ち客に腰掛ける。さすがにこの時間は早すぎたのか1番乗り。しばらくするとネギを店に卸しに来た八百屋が我を見て「もう待ってんの?!」と驚いていた。さすがに早いかなぁ、他の店を先にした方が良いかなぁ等と迷いが生じた。しかしそんな事をしたら大後悔時代の到来の予感がしたのでじっ待つ。日陰になっているのでここで1時間待つの辛い。コートのフードで頭を覆い耳が冷たくなるのを防いだ。開店40分前くらいになると次の客が登場。それから続々列に並ぶ。これは噂通りだ。踏ん張って待っていて正解だ。開店5分前くらいにおばさんが1人店から出てきて人数を確認していった。開店時間から5分オーバーしてようやく暖簾がかかった。丸々1時間待たされた事になる。体が冷えたのでとにかく温まりたい。厨房には初老の店主とおばさん店員が4人。厨房とカウンター席はガラスで仕切りがされている。厨房前に1列のカウンター6席の端に座る。4人がけのテーブル席3卓。口頭で注文。

Tokano00Tokano01手打ちラーメン手作り餃子 とかの

『ラーメン』 600円

この店の回転率の悪さの秘密が判った。注文したグループ順にラーメンを作っていたのだ。1番手の我は1人だったので我の分のラーメン一杯だけが先に作られた。次は老夫婦の2人分といった具合。ラーメン登場。想像していた佐野ラーメンと違いスープが優しい色をしている。最初生姜の味がしてじんわりと塩味。麺の不揃いさも相まって喜多方『坂内食堂』の中華そばを彷彿させた。具は薬味ネギ、メンマ数本、ナルト1枚、チャーシュー1枚。これは行列が出来るのも納得の味で連食予定なのに一杯目を完食してしまったほど。冷えた体に実にありがたかく美味しかった。最初の一杯で自分が佐野ラーメンを侮っていたと思い知らされた。

次は昭和5年創業、佐野ラーメンの元祖としても有名な『宝来軒』だ。『とかの』から自転車で6分くらい西へ進んだところに店をようやく発見。目の前は田んぼがある。のどかな場所だ。有名店なのでここも行列覚悟で入店したのだが、以外にも席は7割ほど埋まっている状況でスムーズに座りスムーズに注文出来た。厨房は奥にあり見えない。接客の女性店員2人。一列のカウンター4席と2人がけテーブル席3卓、4人がけテーブル席3卓、座敷に6人がけテーブル4卓。口頭で注文。

Houraiken00Houraiken02宝来軒 『ラーメン』 600円

これは喜多方寄りの『とかの』とは違い東京寄りのあっさり醤油味。こちらの方が我が持っていた佐野ラーメンの印象に近い。麺も自家製不揃いの平打ちちぢれ麺。具は薬味ネギ、ナルト1枚、メンマ数本、海苔1枚、あっさりした腿チャーシュー1枚。やはり麺のコシは素晴らしい。佐野スタンダードな一杯で満足だ。

店を出た後は今度は自転車を北へ向け走らせた。線路をまたぐ陸橋を超え結構な距離を走る。自転車借りずに歩いていたらどうなっていた事か…。街道沿いに大きな駐車場を完備した白塗りの店舗。こちらも佐野ラーメン発祥の店との説もある老舗『森田屋総本店』だ。入口がガラスで仕切られていて満席のようだったのでしばらく待つと、接客のおばちゃんが「どうぞどうぞ」と招き入れてくれた。亀のはく製や魚拓なんかが飾られた懐かしい感じのする広い座敷メインの客間。厨房は見えるが店員は何人いるだろうか?接客は皆おばちゃんたちでこちらも懐かしい田舎の大食堂といった雰囲気。座敷には4人がけテーブルが14卓くらいあった。座敷とは別に6人がけテーブル席6卓。料金前払い制で水はセルフ。座敷に相席で座る。喜多方『まこと食堂』と似た雰囲気だがこちらの方が大きい。ちょうど昼時だったので15分以上待たされた。

Moritaya00Moritaya01手打中華 森田屋総本店 『中華そば』 600円

これまた前2軒のものとは様子が異なる一杯。白い手もみ麺が大量に丼に入っている。スープはあっさり醤油味だ。具は薬味ネギ、メンマ、バラチャーシュー数枚。チャーシュー美味かったな。それにしても昼の短い間に立て続けに3杯はきつい。その上3杯目でこの大量の麺の量だ。しかもこの麺がワンタンの屑のようで、コシが全くない、我の好みとは反するものだった。よっぽど麺を残して店を出ようとしたが、我慢してあらかた食べ終え店を後にした。

予定ではあともう一軒『赤見屋』という店に寄るはずだったが、約2時間の間にラーメン3杯。もうお腹が限界だ。佐野の代表的な店を食べ歩く事が出来たしもういい。佐野厄除け大師に寄ってみたかったけど1時間に1本しかない電車の時刻を考えるとそうゆっくりも出来ない。自転車を返して駅に向かう。自転車借用料は250円だった。帰りはまず東武佐野線で館林に出た後、東武伊勢崎線に乗り換え久喜まで乗る。そこでJRに乗り換え湘南新宿ラインで一気に横浜まで戻ってきた。最寄駅には16時くらいに到着出来た。

« 相武来来 | トップページ | 大津家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐野地麺:

« 相武来来 | トップページ | 大津家系 »