カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新城夜行 | トップページ | 三三七鶏 »

2009年12月 4日 (金)

夜鹿島田

武蔵新城が一店で終わったのでせっかくだから南武線沿線でもう一店。鹿島田で下車。初めて降りる駅だ。電車から眺める景色は寂しいものだったが、改札を出てみると商店街が長く続いていたり結構開けていたので驚いた。駅から商店街に沿って真っ直ぐ歩いて府中街道まで歩くこと約10分、ようやく目的の店『BooFooWoo(ブーフーウー)』に辿り着いた。この店は川崎の北海道味噌の名店『麺屋一番星』の店主が新たに立ち上げた博多ラーメン店だという。店構えは大きなガラス張りで、内装はウッドで天井が高くシーリングファンがゆっくり回っている。喫茶店のようでラーメン店には見えない。豚骨臭は皆無。奥に伸びるL字型カウンター14席、4人がけテーブル席が4卓くらいあり結構広い。厨房とカウンター席は高い仕切りがあり、中には男の店員2人と女の店員1人。先客は5人くらいだが後客はゼロで、我が最後の客になった。メニューは卓上に冊子であった。口頭で注文。

Boofoowoo01博多とんこつ BooFooWoo

『博多らぁめん(バリカタ)』 580円

スープに透明度があるので驚いた。本当に博多豚骨なのか?と思ったが食べ進める内にそこそこ白濁してきた。かなりアレンジが入った博多ラーメンのようだ。麺は極細ストレート。具はザンギリネギと細切りきくらげ、チャーシュー2枚。胡麻は最初からかかっている。紅生姜は卓上から投入。値段も良心的だしいいとは思うが博多豚骨を期待していくと違うかもしれないなぁ。

鹿島田駅に戻り電車に乗って川崎駅に途中下車。閉店間際のラゾーナ川崎で本を購入してから京浜東北線に乗り帰宅した。

« 新城夜行 | トップページ | 三三七鶏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜鹿島田:

« 新城夜行 | トップページ | 三三七鶏 »