カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 夕方千家 | トップページ | 燕総本家 »

2009年11月21日 (土)

長岡地麺

新潟燕三条ラーメンを看板に掲げた蒲田の『潤』。その個性満載のラーメンに魅了され、このブログを始める以前から何度も訪問していた。現地に行って本物のご当地ラーメンを巡る旅を始めるようになってすぐに新潟は視野に入れていた。そこで新潟のラーメン状況を探ってみると燕三条どころではなく「新潟4大ラーメン」等と言うワードまで出てくるご当地ラーメンのメッカだったのだ。そんな新潟の異なるラーメンを一気に巡ったら楽しいだろうと思いをはせて数年。今年最後の遠征のチャンスとなる今回の三連休を利用し、とうとう新潟遠征決行だ。雪が降る季節になってからでは遅いのだ。仕事が立て込んでいる時期なのでどうしようかと迷ったけど二週間前に新潟駅近くのビジネスホテルを予約した。心身共に疲れていたので直前に中止にしようかとも思ったが、やはり旅立ちの日が近づくにつれ楽しみになってきた。

そして当日の朝。いつもと同じ時間に起床し7時過ぎに家を出発。近所の寺で参拝した後最寄駅へ。横浜駅で東海道線に乗り換え東京へと向かう。8時半発の上越新幹線「とき」に乗車。その時は暖かな日差しが降り注ぐ快晴の土曜日…という感じだったが大清水トンネルを抜け越後湯沢に出るともう空模様はどんよりと曇っていた。こうも太平洋側と日本海側は違う。温暖化の影響で昔ほどではないとは言え豪雪地帯で知られる新潟の11月末。予報でも傘マークがあったのでさすがに今回ばかりは折りたたみ傘を持参した。10時18分に長岡駅で新幹線を下り上越線に乗り換える。手動で開き発車時にロックがかかるタイプのドアの車両だ。旅の雰囲気を盛り上げてくれる。しかしながら1駅目の宮内という駅で早速下車。ここには「長岡生姜醤油ラーメン」の筆頭の店『青島食堂』があるのだ。駅を降りるとリアルレトロな寂れた町並みは味がある。そしてその駅前に早速『青島食堂』の看板が出ている。あと15分くらい待てば開店だが…ここはスルー。駅から15分ほど歩いて向かったのは、ご当地ラーメンの店ではないが新潟一の行列店と名高い『いち井』という店だ。開店35分前に到着。さすがにちょっと早く到着し過ぎたよなぁと思いつつ、ホーローの看板をつけたお決まりのレトロ演出の店外待ち席に座り写真を撮っていた。するともう次の客が現れ我の隣に座った。それからみるみる待ち客の列は伸びて開店時間には家族客も含め30人以上になっていた。開店を店員が知らせてきたので列の先頭で入店。入口に券売機。一列6席のカウンター席、8人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席1卓、2人がけテーブル席1卓。店内は黒い木材と白い壁でちょっと喫茶店っぽい。落ち着いたBGMが流れている。喫茶店のような雰囲気。年配の店主1人と年配の女性店員4人。接客は丁寧だった。

Ichii00Ichii01いち井 『塩』 750円

塩と醤油があったが、筆頭の塩を注文。佐渡の焼きあごと沖縄の塩で作り上げたというスープは口どけはまろやかだけど塩分は強め。喉にやや熱さを感じるほど。麺は黄色い中太ちぢれ麺。適度な茹で具合で美味しい。具は白髭ネギ、水菜、きくらげ、極太メンマ3本、小ぶりのロースチャーシュー2枚。鷹の爪も少々入っていていい薬味になっている。メンマ、チャーシュー共に美味しかった。首都圏にあるラーメンとはまた違う、オリジナリティが感じられた。独学で新潟一の行列店にしてしまった店主に敬意を表しつつ汁一滴残さず完食マークを出した。店を出ると店外にまだ30人くらい行列が出来ていた。

店を出たのが11時45分。次の『青島食堂』までちょっとインターバルをおこうか。そう考えたのが今から思うと大間違いだったのだ。途中ツタヤとダイソーがあったので寄ってしまった。よって『青島食堂』に到着したのは12時5分くらい。駅前店ではなく本店にあたる曲新町店の方だ。外観はドライブインにある古い食堂のよう。ドアを開けて入店すると入口に券売機、店内に5人の空席待ち客がいる。J型カウンター13席、4人がけテーブル席4卓。厨房には男の店員3人とおばちゃん店員2人。TVで「メレンゲの気持ち」をやっていた。5分ほどで着席出来たが時計を見ると12時10分をまわっている。次の電車は12時32分発。店から駅まで歩く事を考えると12時25分くらいには店を出なければ間に合わないだろう。何が問題かと言えば、その電車を逃すと次の電車は丸々1時間後になってしまい、その後の計画はメチャクチャになって頓挫してしまう可能性が高い。新潟の電車移動はそれほど過酷なのだ。そんな事で頭はいっぱいで気もそぞろになってしまった。席はちょうど大鍋の正面。麺をはかりで計量し大鍋で一気に茹でている。しかし丁寧につくっているのか知らないが結構時間がかかり、我のラーメンが登場したのは12時25分過ぎ。あぁ早くも今日の旅の計画はメチャクチャになったと目の前が真っ暗になってしまった。

Aoshimasyokudou00Aoshimasyokudou01青島食堂 曲新町店

 

『青島ラーメン』 600円+『薬味刻みネギ』 50円=650円

もう電車は考えても間に合おう訳ではないので、諦めて目の前のラーメンを味わう事に専念する事にする。長岡生姜醤油ラーメン。濃いめの醤油色したスープはかすかに生姜を感じる程度だが、これがスキッとした印象を与えている。麺は中細ちぢれ麺でぶにゃっとした柔らかい食感。具はトッピング増しした薬味ネギ、ほうれん草、メンマ、ナルト1枚、海苔1枚、薄切りチャーシュー数枚といった構成。シンプルで美味しい。濃厚ブームの次はこういうクラシカルなラーメンが評判になるのではないか?ラーメンを食べたという満足感が得られた。

Echigokawaguchi00店を出たのが12時30分過ぎ。あと2分で駅まで行けるはずがないのにダッシュ。一縷の望みを託して走った。駅前に到着すると電車が停車している。もう急いで階段を駆け上がり改札を抜けホームに降りた。その時に電車最後部がホームから遠ざかる光景を見た。絶句。もう今回の旅はどうしようもなくなってしまうなぁ。最初から予定を組み直さなければならない等くよくよと考え込む。とりあえずこんな何もない吹きさらしのホームで1時間も待っているわけにはいかないので、ちょうど反対側のホームに電車が来たので乗ってしまった。1時間も間があればどこかで次の長岡行きとすれ違うだろう。いや、すれ違ってはダメなのだ。もうこれ以上失敗は許されない。3駅先の越後川口という駅で下車し長岡行きの電車を待つ。小雨がサーッと静かな音を立てて降ってきた。ホームの目の前は藪だらけの崖があるばかり。今の自分の心境を具現化した風景のようで何とも物悲しい。20分ほど待ってようやく反対側から長岡行き電車が到着。とにかく電車の中で今後の予定を組み直さなければならない。

« 夕方千家 | トップページ | 燕総本家 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長岡地麺:

« 夕方千家 | トップページ | 燕総本家 »