カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 天王夜再 | トップページ | 金沢壱銀 »

2009年11月 7日 (土)

川崎新町

土曜日に休めたのは久々な気がする。長距離遠征は控えて近場の店に行って、午後は万葉倶楽部で疲れを癒すというのが本日のプラン。目的地は川崎新町。7月に『虎二郎』訪問の際初めて訪れた場所だ。早めの出発を心がけていたのに結局ダラダラと10時半過ぎの出発になってしまった。スクーターに乗り近所の寺へ参拝してからみなとみらい経由で第一京浜に入り北上した。青空を見上げ陽光を浴びてスクーターを飛ばしていると、あぁ今日は自由な休日だなぁと実感する。近場と言ってもスクーターだと結構な距離だなぁ。ようやく周辺に到着。最初の目的店は(東池袋)『大勝軒』川崎店。前回『虎二郎』訪問時に場所は確認済みだったので迷う事は無かった。この前は日曜で定休だったので行けなかったのだ。店の前にスクーターを止め早速入店。満席の上店内に空席待ちで2人立っていた。店の隅の券売機で券を買って5分ほど待って着席。厨房には店主夫婦とその娘かなぁ?店内には至るところに山岸氏と店主が並んだ写真が貼ってあり、更には「最近川崎区に東池袋大勝軒で修業経験が無いにも関わらず直系を名乗っている店がありますが、その店と本店とは全く関係がございません。」と怒りの貼り紙が貼られていた。直系店としてのプライドの高さが覗えた。その後の来客も相次ぎ店外待ち客も現れる状態。場所柄作業服を着た客が多いのが印象的だ。

Taisyoukenkawasaki01池袋大勝軒直系店 大勝軒 川崎店

『味噌ラーメン』 900円

通常のメニューでは味が想像出来てしまうので冬季限定オリジナルの味噌を注文してみた。通常の中華そばに味噌を溶かしたと思われるスープ。魚介ダシ香る和風スープに唐辛子が加わってなかなか美味しい。麺は自家製モチモチ中太麺。シコシコしてこちらは掛け値無く美味しい。具はメンマ数本、海苔1枚、ナルト1枚、半玉子、大きなチャーシュー2枚。味噌風味大勝軒中華そば。冬季限定というのはもったいないほどの完成度だった。満足。

近くのツタヤ等で若干時間を潰した後、今日の本当の目的の店『元祖ニュータンタンメン本舗』京町店へ向かった。最新の石神本に川崎の地ラーメンとして紹介されていた。昔から多店舗展開しているし、先日行った『上大岡タンタン』など同じスタイルの店が結構あったし、あまり地ラーメンという認識は無かった。でも言われてみれば独創的なスタイルだよなぁ。そしてこの京町店が本店にあたる。本店巡りシリーズとして見逃せない。フランチャイズ店と直営店は「店舗」をイソゲンと読ませる事で区別しているとの事。到着すると8月にリニューアルしたらしく真新しい綺麗で大きなファミレスのような店舗で駐車場も完備している。中に入っても完全にファミレスそのもの。大勢の来客で賑わっていた。店員も多数。とりあえず店員を呼んで口頭で注文。

Newtantanmenhonpo01 元祖ニュータンタンメン本舗 京町店

『坦々麺(中辛)』 700円+『チーズ』 200円=900円

辛さが選べたので中辛指定。更にチーズトッピングで変化を出してみた。ニンニクの風味が強烈だ。麺はモチモチツルツルした自家製太麺ストレート。『上大岡タンタン』と比べると挽肉の量が少ない。トッピングのチーズとの相性は微妙な感じだった。

帰りは計画通りそのままみなとみらいの万葉倶楽部に直行、疲れを癒した。

« 天王夜再 | トップページ | 金沢壱銀 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎新町:

« 天王夜再 | トップページ | 金沢壱銀 »