カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 巻割味噌 | トップページ | 新潟地麺 »

2009年11月21日 (土)

新潟夜麺

巻駅に到着し20分ほど電車を待って越後線に乗りこんだ。乗った時はガラガラだったのに、新潟に近づくにつれ満員電車になってきた。新潟に到着したのはちょうど18時くらい。まずは予約していたビジネスホテルに向かう。新潟駅から歩いて7分くらいの好立地。無事チェックイン出来て8階の部屋へ向かう。最近のマンションみたいに中が吹き抜けになっていてる。そして部屋も綺麗で快適だ。いい宿に巡り合えた。1時間ばかり部屋で休憩したが着替える事はしなかった。何故なら新潟遠征1日目はこれで終わるわけではない。これから夜の新潟市内有名店食べ歩き開始だからだ。不要な荷物を部屋に置いたてまた出発した。

新潟中心部から南西の方向へ歩く。夜はことさら冷える。またもやネックウォーマーと手袋を装備した。ケータイの地図を頼りに歩くこと約15分。街灯も十分にない真っ暗な新潟駅中心部からかなり離れた郊外に、新潟市内において筆頭に名前の挙がる有名店『中華の来味(らいみ)』をようやく発見。あまりに人気が無かったので臨時休業かと心配した。この店は不定休で有名らしいのだ。ところが近づくと「営業中」の札が出てている。良かった。早速引き戸を開け入店。L字型カウンター9席、4人がけテーブル席2卓、TVがBGVの昔ながらの町のラーメン屋といった風情。厨房には若夫婦?と思しき男女2人。先客1人後客ゼロという寂しい店内。夜の闇の中歩いて来てようやく辿り着いたものだから、この寂しさがより一層強く感じられた。本当にここが有名店『来味』なのか?でも接客も良く、ホッと出来る雰囲気はあった。口頭で注文。

Cyuukanoraimi00Cyuukanoraimi01中華の来味 『中華そば』 550円

筆頭基本メニューを注文。シンプルで美しい顔をしているラーメンだ。どんなに忙しくても一杯づつしか作らないという正に入魂の作品。煮干しがガツンではなくじんわりーといった感じ口の中に広がる薄口醤油スープ。油分も適度に感じる。麺は緩やかなウェーブがかかった細麺で歯ごたえもいい感じ。具は薬味ネギ、メンマ、チャーシュー1枚、ナルト1枚。昔ながらのラーメンを現代風にグレードアップしたような印象。『杭洲飯店』、『こまどり』とヘビー級のラーメンが続いただけに、このじんわり優しい味わいは身に染みるように美味しかった。値段や店構えも有名店という評判に驕る事のない姿勢が出ていて好印象。言うは易しでなかなか出来る事ではない。リスペクトの意味も含め満足の完食!

新潟の夜はまだ終わらない。最後にもう1店控えている。今度は駅方面に真っ直ぐ西方向に歩く事10分ほど。『こまどり』に並ぶスープ割り味噌ラーメン系の雄、『ラーメン東横』駅南店へ到着。新潟市内にあと3店舗あるという。駅南店はマンション?の1階のスペースにガラス張りのフロアにある。年季の入った飾り気のないガランとした印象だが広い店内。1列5席のカウンター席、2人がけテーブル席5卓、4人がけテーブル席3卓、座敷に4人がけテーブルが3卓あった。厨房には店主と女の店員の2人のみ。先客9人後客5人。喫煙可なのがマイナスだなぁ。でもおしぼりを出してくれた。接客は良。口頭で注文。

Touyoko00Touyoko01ラーメン 東横 新潟駅南店

『みそラーメン(半麺)』 550円

最初は普通に味噌ラーメンを頼んだのだが、メニューに半麺というのがあったので慌ててそちらに変えてもらった。本日6杯目だったのでこれはありがたかった。まずはスープをひと口。これはダメだ!とてもじゃないが割スープ無しではしょっぱすぎてダメ!味噌を直に口にしたような味。逆に言うとこれくらいのレベルを『こまどり』にも期待していたのだ。麺はうどんのように丸く太いストレート麺。この強烈な味噌味に合う。そしてキャベツともやし主体の野菜炒め。こちらのもやしも長いなぁ。新潟特産なのだろうか?スープ割りをどんどん加え、最後は器を持って全部注いだ。最初は味噌の強烈な味で刺激した後割りスープを加え除々に優しい感じに変化し、最後には満足感を得られる、か。良く考えられた一杯だ。最後に『東横』に来店出来て良かった。帰りにサービス券を貰った。

新潟駅の方を通ってホテルに戻る。最近改装したのだろうか?真新しい感じで夜のライトアップも美しい。駅構内に珍しくブックオフがあったので寄り道した。新潟ラーメン本が売っていたので今さらながら買ってしまった。それからコンビニでチューハイ等を買いホテルの部屋に戻る。長くハードな新潟遠征初日だった。このホテルは露天風呂やサウナなど風呂の施設が充実していてとても良かった。ホテルスパというやつだろう。疲れが体からじわじわ抜ける感じで良かったなぁ。ビジネスホテルも進化したものだと感心した。部屋も綺麗で快適だったし、ほとんどテレビ等も見ないですぐ床につき深い眠りに落ちていった。

« 巻割味噌 | トップページ | 新潟地麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟夜麺:

« 巻割味噌 | トップページ | 新潟地麺 »