カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 大船心麺 | トップページ | 直系欠乏 »

2009年10月24日 (土)

休出鷹奨

毎日当日には帰宅出来ない激務の日々が続き、更には本日土曜日はサービス休日出勤。何せ平日は自分の本来の仕事が出来ないという有様だからだ。結局17時半くらいまで会社にいた。外は結構な雨降りだ。予想外の雨だったので置き傘。疲れてはいるがようやく明日休める。その気持ちの解放感がラーメン遠征の動力源となった。目的地は小田急相模原。距離的には会社から近い場所と言えるが何せ小田急の各駅停車は乗り継ぎが悪い。例によってまた電車は遅れ気味だ。小田急相模原駅に下車したのは18時過ぎ。駅から10分近く歩き『らーめん鷹』という店の暖簾を割った。1年半前に初めて我が小田急相模原に降り立った際『味。』に行った後に行こうとして、途中で『堂々軒』を発見して入店してしまったので行けなかった店だ。入口脇に券売機。内装は木板を貼りあわせたもの。L型カウンター12席。厨房には中年店主一人。先客2人後客ゼロ。後から初老の親父が厨房の人に話しかけていたが、もしかしたらこの人が本当の店主だったのかも知れない。

Ramentaka01らーめん鷹 『ラーメン』 600円

背脂が浮くスープでしょっぱめの醤油スープ。麺はツルツルした食感の太麺ストレート。具は青ネギの小分け切り、メンマ数本、小さな海苔3枚、チャーシュー1枚。通常の背脂チャッチャ系とは異なるオリジナルな感じの一杯。麺を食べ終わった後ご飯を入れて雑炊にするのがこのお店のオススメのようだが、連食予定なので止めておいた。疲れた体にしょっぱさと脂の甘さが染みわたる一杯で満足した。

雨の中駅の方に戻る。『堂々軒』『味。』を通り過ぎイトーヨーカドーを過ぎた先に今月10日にオープンしたばかりという『奨(たすく)』という店を発見。入店しようとするとちょうど店主と思しき黒服の男が出てこようとしていたところ。我の入店を知るや厨房に戻って行ったが、もしや早仕舞しようとしていたのか?だとしたら危ないところだ。入口脇に券売機。内装は白と黒のお洒落な感じ。L字型カウンター10席くらい。厨房には店主夫婦かな?どちらも黒ずくめの服を着ている。先客1人で我と入れ違いの形で4人家族が入店してきた。

Tasuku01奨 TASUKU

『らーめん(小盛)』 650円+『味付玉子』 100円=750円

最初に店主に「小盛だとこんなくらいになるんですけど…」と麺の量を見せられた。確かに少ないが面倒なのでそのままにしておいた。でも完成品だと確かに少なすぎた。ケチケチしないで100円プラスしておけばよかった。魚介豚骨系のスープ。舌にざらつく魚粉を感じるが、口当たりはあっさりのスープ。ペラペラに薄いわけではない。かといってこの系統によくあるドロドロさ濃厚さだけ先に立つ胃に重い感じでもない。いい塩梅というやつだ。これがストレート細麺に合ってていい感じ。柚子も効かせている。具はシャキシャキの白髭ネギと小さな海苔3枚。味玉は半分に切られて黄身トロリ。これなら並にしておけばよかったと更に後悔。でも駅に向かう途中げっぷが出たからちょうど良かったのかな?帰りは面倒だけど一旦相模大野に戻ってから江ノ島線に乗り換え大和に出て、相鉄線に乗り換え横浜に戻った。ジョイナスで本屋を冷やかしてから帰宅した。

« 大船心麺 | トップページ | 直系欠乏 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/46572083

この記事へのトラックバック一覧です: 休出鷹奨:

« 大船心麺 | トップページ | 直系欠乏 »