カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 一力列待 | トップページ | 魚粉程々 »

2009年8月 2日 (日)

神音極太

保土ヶ谷区に新店が出来た。こちらも昨日オープンしたばかり。場所は以前熊本ラーメンの『清正』、札幌味噌の『炎の虎』、徳島ラーメンの『徳福』と変遷を重ねていた店舗。今度の店はどういうウリだろうか?今度の屋号は『麺や神音(かみね)』という。どこかのご当地ではないようだ。店の構造は過去と同じ。店員はバイトと思われる若い男の店員4人くらいか。行列は出来ていないが常に7割の席が埋まっている。口頭で注文。

Kamine01麺や 神音

『超らーめん(超澄系・醤油・関東最大級超極太麺)』 690円

今度のウリはどうやらスープ・味・麺それぞれ自由に選べる事のようだ。スープは超澄系(あっさり)と超濁系(こってり)に分かれ、麺は超極細麺、二刀流麺(2種類の中麺)、関東最大級極太麺の3つから。味は醤油・塩・味噌(+50円)から選ぶ事になる。味はオーソドックスに醤油を選択、この店では名古屋コーチンを使用している超澄系の方をオススメしていたのでそちらを選択。麺は面白そうだから関東最大級極太麺を選択したが、後から後悔した。あっさり醤油なら細麺の方が合っていただろうと思う。極太の為茹で時間に時間がかかると言っていたが後客が頼んだ二刀流麺よりちゃんと先に来た。茶色を帯びた極太平打ちストレート麺。スープは本当に何の変哲もないあっさり醤油スープ。具は薬味ネギ、メンマ数本、大葉1枚、海苔1枚、チャーシュー1枚。実際この極太麺は合わなかった。これなら50円増しで味噌にして超濁系にすれば印象が変わったかも。こういう組み合わせを客に委ねるような店はあまり好きではないな。初回は失敗してしまうよ。

« 一力列待 | トップページ | 魚粉程々 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神音極太:

« 一力列待 | トップページ | 魚粉程々 »