カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 丸助浸麺 | トップページ | 日吉絶味 »

2009年7月10日 (金)

木月函館

今日は午後から会社のイベントごとで終始立ちっぱなしで接待していたので疲れた。しかし金曜日なのでちょっぴり遠征。菊名で東横線に乗り換え急行に乗り日吉に一旦出た後各駅停車に乗り換え1駅、元住吉で下車。元住吉と日吉の中間の辺りに函館ラーメンの店が月曜日にオープンしたというので行ってみる事にしたのだ。東口に出て『てっぺん家』の前を通り『住吉家』の前の路地を抜け綱島街道に出る。さらに『はっち』跡地、『千家』の前等を通り過ぎようやく白い提灯を発見。目的の店『あじ汐』だった。店舗隅の方に券売機。真新しい木材を活かした白く明るい店内。L字型カウンター12席と4人がけテーブル席2卓。厨房には中年親父が3人。接客は声が出ていい感じ。常に7割の席が埋まっている状況。

Ajisio01函館らーめん あじ汐

『函館塩そば』 650円+『たまご』 100円=750円

筆頭基本のメニューに玉子の色どりを添えたくてトッピング注文。昆布やホタテなどで出汁をとった透明なスープはじんわり甘みを帯びた旨みを感じて美味しい。麺は角ばった中細ストレート麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ数本、麩1個、海苔1枚、トロチャーシュー1枚。トッピングのたまごはかた茹でで塩味が程良く美味しかった。満足の一杯。ちょっと遠かったけど来てよかった。地味で気が付きにくかったけど函館ラーメンは我の好みかもしれない。

« 丸助浸麺 | トップページ | 日吉絶味 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木月函館:

« 丸助浸麺 | トップページ | 日吉絶味 »