カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 元気源二 | トップページ | 築地再訪 »

2009年7月 3日 (金)

相模原変

退社後帰路とは反対方向の電車に乗り久々相模原へ。改札を出ると雨脚がやや強まっていた。バスターミナルに降り10分ほどバスを待った。夜バスに乗って遠征するのも久々だ。今夜の最初の行き先は『潮中華KAZE』。昨年の春訪問した『花と風』が先月2日に屋号をに改めリニューアルオープンしたというのだ。ようやく動き出したバスに乗りアイワールドの次の停留所辺りだろうと下車したら、何ともうひとつ先の停留所の前にあった。小雨の中傘もささず小走りに入店。あまり変わったという感じはしないなぁ。厨房に店主夫婦。1列のカウンター8席ほどに先客2人に後客1人。口頭で注文。前回訪問時と同じく後ろの待ち席のようなところに子供がいてDSをやっていた。小学生未満入店お断りをしておきながら、何故か子供はいるんだなぁと不思議な印象を持った。

Siochyukakaze01潮中華 KAZE 『塩らーめん』 700円

筆頭メニューは2種類のつけめんだった。らーめんは3番目4番目。塩と醤油の順に書かれていたので塩を注文した。塩というより魚介の出汁が後からじんわり感じる程度の淡い口当たりの半透明なスープ。刻み白ネギが多めに入っている。麺はコシのある中細ストレート。具は青とさかのり、蟹肉1本、海老ワンタン1個、豚トロ肉2枚。ラーメン自体は『花と風』時代に食べた風らーめんとほぼ同じ。但し具が海鮮系になっていてこれが潮中華の所以か。ワンタンのかための肉の餡の中に海老が入っている。味濃いめで美味しかった。スープ自体はちょっと我には上品過ぎるというか、淡口過ぎた。でもまぁ並以上の評価だ。

小雨は降っているが面倒くさいので傘を差さずにアイワールド周辺まで歩いた。いつものラーメン通りを曲がると、何と『おやじ』本店が交差点寄りに移転していてビックリ。何故故これほどの近距離移転したのだろうか?跡地に行ってみると『ラーメン金太郎』に変わっていた。二郎系ラーメンらしい。昨日二郎系の『元気の源』で食べ見事に腹が下ったので今日はスルー。ちょっと交差点方向に戻り、黒い木をあしらった雰囲気のある店構えの店に入る。先月25日にオープンしたばかりという『青葉』相模原店だ。最近『青葉』のラーメンを食べていなかったので食べたかった。内装も黒い木を活かした綺麗な和の雰囲気。入口に券売機。L字型カウンター15席と4人がけテーブル席が3卓。広い厨房には男の店員が3人と中国系の女の店員が2人。席は指定された。先客6人で後客が11人ほど。この激戦区でなかなか客入りはいい感じ。

Aobasagamihara01中華そば 青葉 相模原店 『中華そば』 650円

魚介豚骨Wスープの原点にして至高の味。この系統は多く発生し飽きてきたかと思っていたが、そこは『青葉』。どことも似ていない『青葉』の味だ。かために茹でられた中太ちぢれ麺はよくスープと絡む。具は薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚、ナルト1枚、味胡麻がかかったチャーシュー1枚。豚骨こってりで魚介の味は控えめに。久々の『青葉』の味に満足した。

バスを待って駅まで戻り帰路に着いた。今日は行きも帰りも実に乗り継ぎが悪くてイライラした。

« 元気源二 | トップページ | 築地再訪 »

コメント

日本を離れて二年くらいたち、ふと検索しましたらHITしましたので、失礼ながらコメントさせていただきます。
 まず、地元が多く知っている店や無くなってしまったお店の情報が多くあり、大変懐かしんで拝見しております。
 下溝の浜やってご存知ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/45528237

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原変:

« 元気源二 | トップページ | 築地再訪 »