カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 平塚城門 | トップページ | 軟骨蕎麦 »

2009年5月24日 (日)

雨日藤沢

今日は朝から雨の日曜日。よって外出などしたくなかったのだが、昨日と同様大船から東海道線に乗り換え藤沢へ。辻堂の『オハナ』が厚木に続いて3号店を藤沢に出したというので行ってみる事にしたのだ。駅北口から徒歩5分弱、ダイエーの近く辺り、寺田家があった跡地に黒塗りの木を使った和の外装の店を発見。白地に黒で大きな文字で屋号が書かれた看板には丸の中に醤の字が目立つ。中に入ると入口脇に券売機。横が広い店内でL字型カウンター9席と4人がけテーブル席が2卓。厨房には男の店員2人と女の子店員1人。接客態度は良。先客3人後客8人。

Menyaohana01麺屋 おはな 『魚介醤油らーめん』 680円

2号店の『オハナ堂』は濃厚豚骨だったが、こちらは魚介醤油がメインという事で筆頭基本メニューを注文。魚介醤油という事だがあまり魚介は感じられない。露骨に節ではなくダシに使っているという事だろう。こってりとした豚骨醤油の味わい。麺は独特のコシがある中太平打ちストレート。具はほうれん草、玉ネギのみじん切り、穂先メンマ数本、脂身の多い柔らかチャーシュー2枚。『オハナ』系という新しい系統の誕生を思わせる個性があって好印象。

次はまた駅へ戻り反対側の南口に抜ける。以前行った『寅』の先、『ら塾』の近くの辺りへ向かう。ちょっと雨脚が強まってきた。そんな中ようやく目的の『あべ多』を発見。正面はガラス張りで入口が一段高くなっている。奥に長い店内。コの字型カウンター席は20席くらいか。背もたれの長い黒い木の椅子。内装も含め日本蕎麦屋のような雰囲気。厨房には男の店主?とおばちゃん2人。先客8人後客ゼロ。口頭で注文。

Abeta01らーめん あべ多 『支那そば』 650円

筆頭メニューを注文。2番目は味噌ラーメンだった。こちらも魚介ダシとは書いてあったが鶏ガラの印象が強いスープ。麺は細麺ストレート。具は薬味ネギ、メンマ、海苔1枚。巻きバラチャーシューが美味かったが、全体的に印象は弱かった。

帰りも大船経由でそそくさと帰った。

« 平塚城門 | トップページ | 軟骨蕎麦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨日藤沢:

« 平塚城門 | トップページ | 軟骨蕎麦 »