カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 麺休伽哩 | トップページ | 鶴見葵屋 »

2009年5月 8日 (金)

町田番場

連休後の2日間、正気の沙汰とは思えないほどの忙しさだった。とにかく定時退社日なので帰れる事がありがたい。といっても1時間以上タダ働きさせられたのだが。今日は久々に町田へ。小田急町田駅方面から町田市役所へと向かう。以前永福町大勝軒系の『唐香』が早くも潰れて、居抜きで六本木『白兵衛』出身の店主の新店『ばんばや』へ。白地に黒文字でらあめん・つけめんと書かれた看板と白い提灯が目印だ。構造は『唐香』と同じ。L字型カウンター12席と6人がけテーブル席が1卓。先客は誰もいない。カウンターと厨房は仕切りが作られ中は見れなくなっている。でも店主が1人と若い男の店員がひとり。接客態度は良。着席すると熱いおしぼりを手渡された。口頭で注文。後客は1人。

Banbaya01らあめん・つけめん ばんばや 『ばん塩らあめん(細麺)』 750円

Banbaya02_2卓上に「ばんばやマニュアル」なるものがあり、そこには「まずは塩らあめんを食べるべし」とのっけから書かれていたので筆頭メニューの塩を注文。麺は中太と細麺が選べる。細麺を選択。しばらくすると七輪が登場。これにチャーシュー2枚を自分で炙るという趣向らしい。これは『白兵衛』から受け継いだサービス。我が『白兵衛』に行った時は昼だったのでこのサービスは無かったのだ。スープは最近首都圏によくあるタイプの塩スープ。白胡麻が浮いている。麺はツルツルした食感の縮れ細麺。具は水菜、ほうれん草、半味玉、セルフ炙りチャーシュー2枚。イチオシするほど個性があるとは思えないものだったが悪くはなかった。

« 麺休伽哩 | トップページ | 鶴見葵屋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町田番場:

« 麺休伽哩 | トップページ | 鶴見葵屋 »