カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 一風重味 | トップページ | 雨日藤沢 »

2009年5月23日 (土)

平塚城門

5月連休中に平塚駅から『湘南大勝軒』へ向かったのだが、その途中、佐野ラーメンの『みやび』という店を発見し気になっていた。ところが早くもその店が閉店し、その後に何と湘南ご当地ラーメンの城門ラーメンの店になったという情報を得た。城門ラーメンと言えば先日茅ヶ崎に復活したばかりだが、今度平塚に出来た店の店主は城門ラーメン考案者、かつての『レストラン城門』の総料理長なのだそうだ。よって元祖を冠している。10時半過ぎに家を出ていつものように近所の寺に参拝した後、最寄駅から大船に出て東海道線に乗り換え11時半くらいに平塚到着。宝町商店街という寂れて裏道のような路地を北上し徒歩5分ほどで到着。入口はオープンテラスになっていて4人がけテーブル席が3卓あった。ガラス戸を開けて入口脇に券売機。千円札が無かったので両替を頼んだ。厨房には初老の店主と接客係のおっちゃんと女性店員二人。店内は一列のカウンター8席と4人がけテーブル席3卓。先客は8人くらいだったが昼時だからか7割近い席が埋まった。

Jyoumonnakanoya01元祖城門ラーメン 中野屋

『元祖城門ラーメン』 750円

薬味ネギが入った掻き玉挽肉あんかけラーメン。スープは醤油ベース。麺は中細ちぢれ玉子麺。途中スパイシーな感じが欲しくなり卓上から胡椒を投入した。確かに茅ヶ崎で食べたものより、何というか元祖の風格みたいなものを感じた。でもB級グルメだなー。

駅の方に戻りちょっと横道を入ったところにも、先日平塚に来た時に発見し気になっていた店があった。『宝堂(たからどう)』という。居酒屋のような木材を活かし照明を落とした奥に長い店内。入口に券売機。それに小麦粉の袋が数袋入口近くに置かれている。自家製麺をウリにしている強調の為かな?一列で所々で区切られたカウンター席16席。厨房に男の店員1人と接客係の女の子店員1人。先客3人後客8人くらいか。BGMはサザンだった。

Takaradou01ラーメン 宝堂 『宝堂醤油とんこつ』 550円

屋号を冠した筆頭基本メニューを注文。大盛り無料らしいが普通で注文。結構とんこつ臭がする。ニンニクも入っている味の濃いとんこつ醤油。麺は細麺ストレート。具はワカメ、メンマ、海苔1枚。トロトロの脂身の多い巻きバラチャーシュー1枚。わかりやすい味で個性もあり美味しい。特に自家製の細麺のシコシコ感、チャーシューの柔らかさは気に入った。意外な伏兵が平塚にいたという感じ。

帰りも大船で乗り換え帰路についた。

« 一風重味 | トップページ | 雨日藤沢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚城門:

» 中野屋@平塚 [ラーメン食べ歩紀行]
※5月24日。 城門ラーメン(¥750) 【2009年5月22日オープン】  以前、ナリキヨさんから「平塚に城門ラーメンが来るかもよ」という話を聞いていたのですが、本当に来ましたね。先日閉店した『みやび』があった場所です。  最近、城門ラーメンがブームの兆しですが、...... [続きを読む]

« 一風重味 | トップページ | 雨日藤沢 »