カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 平井大黒 | トップページ | 茅崎菜良 »

2009年4月 4日 (土)

南蛮辛麺

秋葉原で買い物をした後、山手線で一駅目の神田で下車。先週フラれた店へリベンジだ。駅から10分近く歩いた所にある『NOCCHI(ノッチ)』という店だ。何とドイツに本店があるとの事。名古屋のご当地ラーメン『台湾ラーメン』をドイツの見本市に出すにあたり改良し、それが現地で評判になり逆輸入し激戦区東京で勝負することにしたという。とにかく変り種の店だ。日祝休みで土曜は夕方4時までの営業と敷居は高かったので早めにリベンジしておきたかった。店に到着して営業中の札が立てかけられているのにホッとした。奥にのびた細長い店内。入口に券売機。一列のカウンター8席と4人がけテーブル席2卓。厨房には中年店主一人。前後客ナシ。テーブル席に案内された。

Nocchi01南蛮麺処 NOCCHI 『南蛮クークー麺』 700円

筆頭看板メニューを注文。でもこれはドイツで出したそのまんまではなく、東京進出にあたって変更しているので、わけのわからない経緯の一杯になってしまっている。ドイツでは豚骨スープだったらしいが、ヘルシー路線を狙って鶏ガラベースの醤油味に唐辛子を入れている。他にもカレー麺や醤油や味噌もあった。スープはラー油のような感じ。アッサリしているが辛い。麺は西山製麺のちぢれ細麺。キャベツとニラ、もやし、アサリ、豚スライスが炒められたものが入っている。ちぢれ細麺がスープに合っていない気がした。それに辛くて味がよく判らない。食べ終えた後大汗をかいてしまった。ジャケットを脱いでシャツの長袖をまくったまま最寄り駅まで行ってしまった。

« 平井大黒 | トップページ | 茅崎菜良 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南蛮辛麺:

« 平井大黒 | トップページ | 茅崎菜良 »