カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夜厚木南 | トップページ | 大福武双 »

2009年3月14日 (土)

梶谷宮前

今朝は雨が雨戸を打つ音で目が覚めた。昨夜からの雨は続いていたらしい。そして風も強さを増している。こんな日は外に出ることをあきらめ寝ているのに限る。というわけで久々に2度寝に突入し目が覚めたら11時前だった。雨戸を開け外を見ると雨は止んでいた。それでも空は暗い雲に覆われている。しかし天気予報では傘マークからお日様マークになっていたので、午後急激に天候は回復するだろうと思われたので傘は荷物になると思い持たずに出発した。本来なら北区まで遠征しようと計画を立てていたが、出鼻を挫かれた形になったので急きょ明日行く予定だった梶ヶ谷の『六三四屋』へ行く事に決めた。田園都市線沿線ならば会社帰りに行った方が早いのだが、この店だけは駅からかなり離れている。土地勘のない人間が夜行くにはなかなかにリスキーだと思い休日を使って行く事を考えていた。梶ヶ谷となると川崎から南武線で溝の口に出て田園都市線に乗り換えるのが通常のルートだが、駅すぱあとで検索してみると東急線を乗り継ぐコースの方が早く到着すると出たので試しに乗っかってみた。横浜から東横線快速で自由が丘で大井町線急行に乗り換え次の二子玉川で田園都市線各駅停車に乗り換えるという、一見面倒くさいコースで行ったのだが、何と一時間弱で梶ヶ谷に到着した。座れたし普段とは違う電車にも乗れたしいい選択だった。梶ヶ谷には2年以上前に『鬼うまラーメン』と『翔太』に来て以来になる。予報とは違い雲がまだ立ち込める暗い空の下坂を下りていく。コンビニが向かい合うこの地点までは土地勘が働くがここから先は未知の領域だ。その交差点でふと横を見ると木材を活かした店構えにラーメンの幟を発見してしまった。近寄ると博多らぁめんとある。屋号は『これ一』となっている。この前来た時には無かったから新店なのだろう。予定にはないがついつい入店してしまった。中も木を活かした内装だ。L字型カウンター9席にテーブル席が6席分。厨房には男の店員が3人。元気がいい接客。先客3人後客3人。口頭で注文。

090314koreichi01 博多らぁめん これ一 『博多らぁめん(ハリガネ)』 600円

筆頭メニューを注文。白い豚骨スープには背脂がたくさん浮いている。 クリーミーでサラッとしていて甘みがある。麺は極細ストレート。ハリガネが1番かための設定だったのでハリガネにした。具は青ネギの小口切り、海苔1枚、ロースチャーシュー1枚。博多系には珍しくメンマも入っている。卓上から紅生姜と摺り胡麻を投入。博多系として本場のものとはかけ離れている気がするがこれはこれでいいのではないかと感じた。

店を出ると何と小雨がパラついてきた。何だよ予報が外れたようだ。それでも傘が必要という程でもないのでそのまま緩やかな上り下りのある1本道を歩く。途中脇道に逸れ、結構急な下り坂を下ると黒川尻手道路に突き当たる。道路を挟んで反対側はJR貨物ターミナルだ。右手を向くと今日の本来の目的店『六三四屋』を発見した。大きな黄色い看板も木で作られている。やはり梶ヶ谷の駅からだと結構な道のりだったので夜には来れなかっただろう。早速入店。内装も木を活かした造りになっている。やや照明が暗いかな。TVがBGV。L字型カウンター8席とテーブル席が数卓。厨房には中年夫婦と思われる男女二人。先客3人後客3人。高津にも支店があるらしい。口頭で注文。

Musashiyahonten01 ラーメン 六三四屋 本店 『らーめん』 600円

筆頭基本のラーメン注文。魚介強め豚骨弱めの魚介豚骨スープに背脂が少し浮いている。麺は丸いツルツルした食感の中細ストレート麺。具は薬味ネギ、茹でキャベツ、メンマ、海苔1枚、柔らかいチャーシュー1枚。悪くはないけど、この魚介強めのスープはどこかで味わった記憶があるものだし、このツルツルした食感の中細麺は違和感を感じた。

店を出て目の前の尻手黒川道路沿いに歩く。途中厚木道路と立体交差の場所のトンネルがあり、上から垂直に雨水が落ちてくる場所があり参った。小雨の中傘もささずに10分以上歩いた辺りにまたもや木を活かした黒い店舗とラーメンと書かれた幟を発見。『初代』という北海道ラーメンの店だ。当初ここが2店目になるはずだったが3店目になってしまった。入口を入ると券売機があり、店内とはもうひとつの扉で仕切られている。2番目の扉を開け入店すると内装も木を活かした造りになっていてカウンター席の椅子も切り株状のものだ。厨房とカウンター席は曇りガラスで仕切られ中はよく見えないのだが、男の店員2人と接客係の女の子店員1人。L字型カウンター席とテーブル席で27席。壁に貼ってあるポスターからして大手外食産業の臭いがしたのだが、案の定『伝丸』、『梟』、『無双』などと同じ、昔のゼンショーグループ、今のGMフーズの傘下の店だった。駐車場完備だから家族連れやグループで入店する客が多く、常に7割の席が埋まっている状況。ライス無料だったが断った。

Syodai01 北海道らーめん 初代 宮前平店 『味噌らーめん』 650円

筆頭基本の味噌を注文。いやにスープが白く泡が出ている。一見牛乳ラーメンかと思うほどだが、別に変な甘みがあるわけではなく至って普通の白味噌ラーメン。麺は北海道定番の黄色いちぢれ中太麺。具はもやし、ひき肉、わかめ、メンマ、海苔1枚。チェーン店らしく妥当な味。3杯目なのに苦もなく食べられた。

店を出ると雨脚がやや強まって小ぶりとはいえないレベルの降り方になっていた。傘を持ってきていないので雨の中約7分ほど歩いて宮前平の駅へ。そこから田園都市線であざみ野まで行ってから市営地下鉄ブルーラインに乗り換え横浜に出た。ヨドバシカメラなどに寄ってから帰宅した。結局日が差し始めたのは夕陽が出る頃だった。

« 夜厚木南 | トップページ | 大福武双 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梶谷宮前:

« 夜厚木南 | トップページ | 大福武双 »