カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 蒲田凛酢 | トップページ | 梶谷宮前 »

2009年3月13日 (金)

夜厚木南

今夜から明日にかけては雨が降り風も強いという。そんな中もう3度目くらいになる本厚木への夜の遠征だ。こんな時間に相模川超えとは我ながら呆れるしかない。こんな天気なので駅から近い店がいいと思ったからだ。年末に来た時駅南口に何店か見つけていたのでそこに狙いを定めた。まずは北口方面に向かう。ちょうど『オハナ堂』と道路を挟んだ向かい側にある『鼎(かなえ)』厚木店に入店。相模大野にある店だが昨年末ここに支店をオープンしたようだ。入口脇に券売機。コの字型カウンター15席と壁に面した一列のカウンター7席と結構な広さ。我は壁に面した席に座る。先客3人後客3人。厨房には奥にありよくわからなかったが男の店員が二人いたと思う。店員がなぜだかフレンドリーな感じ。

Kanae02 麺屋 鼎 本厚木店 『ラーメン(麺かため・油多め)』 600円

本店と同じ基本のラーメン食べてもつまらないからちょっとメニューに迷った。屋号を冠したか『鼎ラーメン』というのは全部入りだったのでパス。味噌にするか迷ったけど、安パイを取ってやはり基本のラーメンを注文する事にした。家系とは異なるあっさりした豚骨醤油系だが、ここの味は結構我好みだ。好みは家系同様に選択出来る。麺は細麺ストレート。具はもやし、薬味ネギ、海苔1枚、チャーシュー1枚。安心して食べられる一杯だった。店を出たらさっきの店員が雨の中わざわざ追いかけてきてサービス券をくれた。

道路を渡り南口方面に戻る露地にある旭川ラーメンの店『味乃やまびこ』に間髪入れず入店。本店はもちろん旭川にあるとのこと。加藤製麺所が直営するラーメン店のようだ。山小屋を模したような木材を生かした内装。入口に券売機。高額なメニューからボタンがあったので基本メニューを探すのに苦労した。L字型カウンター15席。椅子が二人がけ用で荷物が置けるのがいい。厨房には若い男の店員3人。先客3人後客3人。

Ajinoyamabiko01 北海道旭川らーめん 味乃やまびこ 本厚木店

『旭川しょう油ラーメン(麺かため)』 700円

醤油・味噌・塩とあるが旭川なら醤油だろうと注文。店員に好みを聞かれる。麺のかたさと味の濃さを選べるらしい。あまり待たずにラーメンが出てきた。濃厚な醤油豚骨スープにシコシコと噛みごたえのあるかために茹でられた縮れ中細麺が入る。なかなかバランスが良く我好みだ。具は薬味ねぎ、青ネギの小分け切り、メンマ、ベーコンのようなロースチャーシュー2枚。2杯目だけど苦もなく美味しく食べられた。

帰りはいつものように海老名から相鉄線で横浜に出て帰宅した。

« 蒲田凛酢 | トップページ | 梶谷宮前 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜厚木南:

« 蒲田凛酢 | トップページ | 梶谷宮前 »