カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 康竜本店 | トップページ | 黒鍋節骨 »

2009年3月 7日 (土)

夜蕾魚介

昼は親にノートPCをプレゼントする為横浜に行っていた為、今日の食べ歩きは止めておこうとも思ったが、先週涙を飲んだ『中華蕎麦 蕾』の悔しさを思い出し今夜リベンジする事を突如決行した。普段『豚骨醤油 蕾』として営業しているが、今年から土曜の夜に限り『中華蕎麦 蕾』と屋号を変え濃厚豚骨魚介の提供を開始したと聞いたので気になっていた。相変わらず大井町周辺の店は変則的で敷居が高い。5時半頃家を出て6時15分頃に大井町到着。6時20分くらいに店に辿り着くと店外に7~8人の行列が出来ていた。更に店内にもほぼ同数の待ち客がいる。結局着席出来るまで20分待ち、更にラーメンが出てくるまで5分以上待たされた。注文は店内で待ち席に座っている時に聞かれたが、味玉を忘れられていたので文句を言った。

Tsubomi02 中華蕎麦 蕾

『中華蕎麦』 800円+『味付け玉子』 100円=900円

見るからに濃厚な豚骨魚介スープ。最近食べた中では東十条の『ほん田』並かそれ以上の濃厚さ。節もたっぷり表面に浮いている。麺は太ストレート。量が250gとかなり大盛だ。具は薬味ネギ、太メンマ数本、海苔1枚、巻きバラチャーシュー1枚。味玉は黄身とろり。美味しかったし満腹になった。

そのままどこにも寄らずトンボ帰りした。

« 康竜本店 | トップページ | 黒鍋節骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜蕾魚介:

« 康竜本店 | トップページ | 黒鍋節骨 »