カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 満来後継 | トップページ | 介一茎麺 »

2009年2月22日 (日)

横須賀前

京都遠征に続いて満来2連食でさすがにラーメンに対するテンションは堕ち気味。今日は一休みしようかな?とも考えたが、青空が広がる良い天気。こんなローテンションの時に行く食べ歩きコースがあった事を思い出した。横須賀駅前だ。10時半過ぎに家を出てスクーターで上大岡へ。京急とは相性がいいとは思えないが上大岡で乗るときは良いタイミングで快速が到着する。2駅で到着するので楽チンだ。改札を抜け駅前の商店街にある『支那そばや 分』の暖簾を割る。『支那そばや』も新横浜ラーメン博物館、鶴ヶ峰、相模原、戸塚本店に続き5店目だ。木材と生かした店構えに赤提灯が飾られている。厨房には佐野実と同じ髪型をした店主と接客係のおっちゃんの2人。『支那そばや』にしてはかなり雰囲気が緩い。変形L字型カウンター15席に4人がけテーブル席2卓。先客3人後客7人。口頭で注文で料金先払い。先払いって客をハナから信用していないようで嫌なシステムだ。

Shinasobayabun01 支那そばや 分 『ラーメン』 700円

醤油、塩そして味噌まである。でも筆頭醤油をオーダー。注文してすぐに出て来た。ラーメンの盛り付けもかなり緩い感じ。スープは澄み切った醤油の味が心地よく、麺も粘度がある細麺ストレート。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ、海苔1枚、チャーシュー1枚。値段だけあって確かにそこそこ美味しかったが、やっぱり本家の『支那そばや』よりは雑な印象を受けた。

途中コンビニでお茶を買っただけで間髪入れず次の店へ。駅の方向へ少し戻ったところの路地にあった『むつみ屋』店主竹麗輔氏プロデュースの「北のとんこつラーメン」店『らーめんぶぅ』だ。ビルの1階のガラス張りのいかにもチェーン店といった感じの店構え。入口に券売機。変形コの字型カウンター席と壁に向かった一列のカウンター席があり、計だいたい17席ほど。厨房に店主ひとりと女の子店員1人。先客5人後客5人。

Ramenbuu01 らーめん ぶぅ 横須賀中央駅前店 『ぶぅらーめん(麺バリカタ)』 620円

屋号を冠する筆頭メニューを注文。基本的に博多ラーメンと一緒の構造。豚骨臭はしない。白い豚骨スープに極細ストレート麺。具はきくらげの細切り、青葱の小分け切り。アオサと柚子の破片も入っている。脂身の多いバラ肉チャーシュー1枚は柔らかい。でも味が何だか甘い。純粋な博多系とは違う味。一体難なのだろうか?悪くは無いけどやっぱりチェーン店の味という感想。

午前中のうちに横須賀中央を後にする事が出来た。

« 満来後継 | トップページ | 介一茎麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀前:

« 満来後継 | トップページ | 介一茎麺 »