カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 登戸蓮爾 | トップページ | 西永臨機 »

2009年1月24日 (土)

中野味噌

年末に出たラーメン雑誌を読んでいると、じわじわと味噌ブームが起きて個性的な味噌専門の店が出来ているという。その中でも代表的な2店が中野区にあるというので行ってみる事にした。今日も曇りがちで寒い日。味噌を食べるには良い日だ。ただし昨夜の『蓮爾』の影響をまだ引きずっているので食欲はあまりないのだが。10時頃家を出て横浜に出てから湘南新宿ラインで新宿に行き、更に山手線に乗り換え高田馬場で西武新宿線に乗り換える。目指すは野方。全然縁遠かった西武新宿線にもここ1年で何度目の乗車になるだろうか?途中で雪が降り出しているのを電車の車窓から発見。でも電車を降りる時には既に止んでいた。野方駅に到着し改札を抜け踏切が開くのを待つ。すると車椅子の老人と押しているおばさんが線路内で立ち往生している。そんな事で5分くらい待たされるハメに。ようやく開いた踏切を越え真っ直ぐ伸びる細い駅前通りの商店街を3分ほど歩くと目的の店『花道』を発見。入店したら店員に「整理券お持ちですか?」と聞かれた?整理券?「今からですと12時30分くらいに案内出来るとおもいますがよろしいですか?」。…あと1時間近くあるじゃんか!見えない行列が出来ていたわけだ。そんなに人気な店だとは思わなかった。まぁいいや。とりあえず整理券は貰っておいて次の店を片付けてしまおう。駅に戻り3駅ほど新宿の方に戻り中井という駅で下車し大江戸線に乗り換える。次の東中野で下車。線路を越える橋を渡って3分ほどで『みそや林檎堂』を発見。黒い店構えでシックだけど看板には林檎マークがありそのギャップが可愛い。早速入店。入口に券売機。小料理屋のようなちょっと質素で和風な内装。カウンター7席のみの小さな店。厨房には若い男の店主とおばさんの2人。ここの店主は両国にある味噌で有名な『ときせい』の店主の子で魚介豚骨で有名な『つじ田』で修行したとの事。先客3人後客4人。

Misoyaringodou01 みそや林檎堂 『味噌』 800円

白味噌主体でかなりドロッとしたスープ。だから丼に比して少なめに見える。若干甘いが味噌の味がする。辛味ダレも付いている。麺はもちもちした中太平打ち麺。具はしゃきしゃきした白髭ネギとニラ、メンマ、ほぐしチャーシュー、海苔1枚。かために炙られたチャーシューはまるでベーコンのよう。濃厚でマスコミに取り上げられる事はある。この店、夜は魚介豚骨のつけ麺店『APPLE BASIC』に変わるらしい。

またもや東中野駅に戻り大江戸線に乗り中井で下車し西武新宿線に乗り換え野方へ舞い戻る。『花道』に戻った時には既に12時45分前後になっていた。急いで入店し入口の券売機で券を買い店内で待つ。先に店内で3人待っていた為結局我はまた10分ほど待たされるハメになる。とりあえず先回しに着席させてもらえたけど。厨房には中年の男の店員が2人。『蒙古タンタンメン中本』、『井の庄』、『純連』などの名店で修行していたとの事。

Hanamichi01 味噌麺処 花道 『味噌ラーメン』 750円

二郎ばりに野菜大盛り無料、ニンニク追加のサービスがあったが基本の味を知りたいのでノーマルのままで注文。まずはスープを一口。最初の印象は溶かしバターのような油分と濃い味噌の味が絶妙に混ざり合ったよう。濃厚味噌だ。麺はかために茹でられた黄色い太ちぢれ麺。具は極太の板メンマ、もやしやニラを炒めたものと脂身の多い柔らかい豚肉。ワシワシと麺を食べるようなワイルドさは二郎を連想させられたがやはり味噌として完成されている。満足、満腹。

今日は寒いはずなのに味噌2連食で体が暑くてたまらない。途中でコンビニで冷茶を買って飲みつつ環七通りへ出る。そこに出れば中央線沿線の駅に向かうバスに乗れるだろうと予測した。果たして狙い通りにバスが来たので急いで走って乗車する。本当ならば中野に行って欲しかったがこのバスは高円寺駅行きだった。中央線で中野に出て中古CDを探すが欲しかった物が見つからず撤退。新宿に出て新宿湘南ラインで横浜に帰った。

« 登戸蓮爾 | トップページ | 西永臨機 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中野味噌:

« 登戸蓮爾 | トップページ | 西永臨機 »