カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 中野味噌 | トップページ | 駒場嚆矢 »

2009年1月25日 (日)

西永臨機

今年に入って都内復帰をしたわけだが、今日もせっかくだから前から気になっていた都内の店を伺う事にした。色々迷ったが京王井の頭線各駅停車駅に絞って行ってみる事を試みてみた。横浜に出てから東横線の急行に乗り渋谷に出た。ちょっと早めに到着したので駅近くにある『唐そば』が本当に日曜日が定休になってしまったのか確認しに行ったが確かにシャッターが降りていた。残念。気を取り直して駅に戻って井の頭線各駅停車に乗った。最初の店は西永福駅前にある『臨機(りんき)』。急行待ちなどもするので渋谷から西永福まで20分弱と結構かかった。ただし本当に駅前の小さな広場を挟んだ向かい側にすぐ店を発見し早速白い暖簾を割った。木を活かしたちょっと暗めの照明の店内だが、ロック音楽関係のノリも入っている。L字型カウンター8席に4人がけテーブル席2卓。先客3人だったが後から来客が相次ぎ店外席待ち客も現れた。厨房にいた若くみえる男女と接客係のクセのある中年親父。店主は『くにがみ屋』『地雷源』で修行経験があるという。口頭で注文。

Rinki02 西永福駅前 臨機 『らー麺』 700円

この店は動物系のガラを一切使わないで鯛の頭を大量に使って出汁を摂るいわゆる鮮魚スープのラーメンを出す店。その味を味わうべく基本のメニューを注文。確かに若干生臭さを感じるけど香ばしさも同時に感じる。鯛の頭を焼いて使っているからだろう。麺は中細ちぢれ麺。具は水菜、メンマ数本、焦がしネギ、炙られたロースチャーシュー1杯。なかなか美味しかったけどちょっと印象が薄い感じだ。

« 中野味噌 | トップページ | 駒場嚆矢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西永臨機:

« 中野味噌 | トップページ | 駒場嚆矢 »