カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 長後連麺 | トップページ | 三四郎紫 »

2008年11月21日 (金)

夜溝之口

三連休前夜なので久々に田園都市線に乗り換え溝の口へ向かう事にした。長津田から各駅停車で30分弱で溝の口へ到着。南改札口からガード下をくぐり道路を渡ってすぐ、駅から徒歩1分程度で最初の店『和蔵(かずくら)』へ到着。半地下にありガラス張りでスタイリッシュでラーメン店とは思えない雰囲気。入口に券売機。L字型カウンター7席と4人がけテーブル席が2卓。黒シャツを着た男の店員が3人と女の店員が1人。接客係に席は指定された。先客5人後客7人。

Kazukura01 らーめん和蔵 溝の口本店 『らーめん』 680円

いつものように筆頭基本のメニューを注文。出て来たラーメンはいわゆる東京豚骨醤油、背脂チャッチャ系。脂はおとなしめ。スープもそこそこコクがある。麺はモチモチした我好みの中太ちぢれ麺。薬味ネギ、チャーシュー1枚、海苔1枚。一週間ぶりのこってりラーメンは美味い。中盤から卓上の魚粉を小さじ一杯ぶち込むと和風ラーメンに早変わり。魚介豚骨ってこんなにも簡単に出来るのか?って感じだった。変化が楽しく最後まで美味しく食べられた。ただ完食するにはあと一歩という感想。

店を出るとJR武蔵溝ノ口改札前を横切り駅の反対側へ。早くもクリスマス風のライトアップがされている。青と白の電飾が綺麗だ。駅前の陸橋を降りてすぐのところに次の店『みぞのくち野郎』があった。小さな木製の入口、木の看板にらーめんと黒文字で書かれたシンプルなもの。店外に券売機有り。我の前に入ろうとした先客が空席待ちになったので仕方なく店外で待つ。立地がいい事もあるがなかなかの人気店のようだ。しかし回転がよく1分程度で着席出来た。内装も木製で照明が屋台の雰囲気を醸し出している。通路が狭い逆L字型カウンター11席で入口から奥に入り右側に曲がって延びている。店の構造自体がL字型。厨房には中年男の店員2人。

Mizonokuchiyarou01 くいだおれラーメン みぞのくち野郎 『とんこつラーメン(細麺)』 600円

色々なメニューがあったがお決まりの筆頭メニューを注文。細麺という事もあるが博多風の白い豚骨スープ。麺は極細麺でかために茹でられたもの。しかし丼の中で固まった状態だったのでよくほぐす必要があった。具は薬味ネギ、もやし、半分に切られた茹で玉子、チャーシュー1枚、海苔1枚。更に唐揚げ、メンマ、きくらげ、ニラキムチが卓上に並べられ無料取り放題ときている。味を壊すニラキムチ以外は全て投入した。このご時世としてはお値打ちなボリューム感となった。博多ラーメンとしては中の下といったレベルだけど値段とトッピングの太っ腹度を考慮すればいい店と言えるかもしれない。

駅に戻り南武線で川崎を経由して帰る事にした。しかしホームで電車を15分弱待つ事になった。

« 長後連麺 | トップページ | 三四郎紫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜溝之口:

« 長後連麺 | トップページ | 三四郎紫 »