カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 味噌葱家 | トップページ | 鶴巻二宮 »

2008年11月 7日 (金)

厚木夜行

今週も心底疲れた。今日も日中は笑っちゃうくらいトラブル続きで馬鹿みたいに忙しかった。しかし自分で言うのも何だが頑張って乗り切ったので無事金曜の夜を迎える事が出来た。今朝までは疲れて遠征は無理と思い蒲田にでも行こうかと考えていたが、やはり解放感が勝り先週末断念した夜の厚木駅周辺の店へ再訪する事にした。町田に出てから小田急線で本厚木へ。会社帰りに2度も本厚木迄来てしまった。前回同様北口に出て歩く事10分弱。駅前というにはちょっと郊外といった雰囲気のところに今日最初の店『囲(かこい)』があった。角店なので三角の敷地にある。ガラスの引き戸を開け入店。厨房には若めの男の店主1人。今は無き『げんこつ屋』出身との事。一列9席のカウンター席のみで先客1人後客ゼロの寂しい入り。BGVはテレビ。口頭で注文。

Kakoi01 自家製麺 囲~KAKOI

『囲らーめん(こってり)』 650円+『るーたん(味玉)』 50円=700円

筆頭はつけめんだったが当然ながら屋号を冠したらーめんを注文。他に醤油と塩のらーめんがある。メニューに味玉をるーたんと表記してあり、興味を惹かれて注文。後から店主が動物系主体こってりスープと鶏主体のあっさりスープがあるというのでこってりを注文。囲らーめん登場。しかし店主がるーたんを忘れて後から小皿で追加。白醤油ベースの白濁したスープは表面に若干油が浮きながらサラッとしている。表面に焦がし葱の香味油がかかっていて香ばしい。麺は自家製ちぢれ平打ち中太麺でピロピロした感じ。よく手もみしているようだ。具は薬味ネギ、小松菜の茎の部分、海苔1枚、大きめのチャーシューが1枚。オプションのるーたんは黄身トロリのごく普通の味玉だった。なかなか個性があって評価したい一杯。でも正直寂しかった。

再び駅の方に戻る。次に目指すは駅前にある『謹ちゃん』という家系の店だ。駅前は繁華街で呼び込みが結構いる。そんな好立地に店を発見。木目を活かした店内は結構広くて奥に長い店舗だ。入口に券売機。手前に4人がけテーブル席2卓。L字型カウンター15席くらいはあるだろうか。厨房には比較的若い店主夫婦2人。『川崎家』出身とのこと。先客12人と後客1人。喫煙化なのがマイナスだな。

Kincyan01 麺処 謹ちゃん 『ラーメン塩(麺かため・味濃いめ・油多め)』 650円

情報では塩が評判がいいので塩にしてみた。また味はかなりアッサリとの事だったので、いつもの好みプラス味濃いめでオーダー。久々の家系の塩を食べたので新鮮で美味しく感じた。麺は家系定番の酒井製麺の平打ち太麺。具もほうれん草、海苔3枚、チャーシュー1枚。家系スタンダード。疲れていたせいか塩分が美味かった。

帰りは海老名から相鉄線で横浜に出て家路についた。

« 味噌葱家 | トップページ | 鶴巻二宮 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木夜行:

« 味噌葱家 | トップページ | 鶴巻二宮 »