カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大船夜行 | トップページ | 小杉夜行 »

2008年11月24日 (月)

新城新麺

このところ小田急線沿線ばかり行っていたので気分を変えて川崎で食べ歩きを行う事にした。川崎から南武線に乗り武蔵新城で下車。昨年夏に『湯や軒』に行って以来の再訪となる。昨日一昨日とうって変わって雲が立ち込める空。午後には雨が降るのは確実っぽい。駅を降りて西口に出て武蔵中原方面に歩くと線路沿いに目的の店『まき野』が見えた。何と店外に先客3人待ちだ。しかし3分ほどで席に座れた。L字型カウンター席テーブル席は4人がけが2卓、2人がけが2卓。常に席待ち客がいる状況。厨房には中年店主がひとり、女の子店員が2人。口頭で注文。

Makino02 つけそば まき野 『中華そば(あごだし豚骨)』 650円

つけそばメインの店だが当然中華そばを注文。東京醤油・アゴだし豚骨・塩から味を選べる。特異を放つあごだし豚骨で注文。サラッとしたスープに魚介風味でちょっとしょっぱさを感じる。あまり味わった事のない味。麺はややかための多加水中細ちぢれ麺。具は水菜、ナルト、メンマ、海苔1枚。チャーシュー1枚はぶ厚くて美味かった。

2店目に行く前にしばらく間を空ける為駅前の本屋で立ち読み。それから駐輪場を大きく廻って駅の反対側に出て通りを渡って路地裏へ進んでひとつ目の角店が次の店『新のすけ』だ。ガラス張りの店構え。店内は白を基調にした内装で比較的広くテーブル席主体。店のシンボルマークは海亀で大きなサーフボードが店内に飾られBGMはハワイアン。厨房には熟年夫婦と思しき2人。後から若い男の店員も現れた。親子か?昔はちゃんぽんをメインとする『南宝亭』だったが、途中で『むつみ屋』に変わった事があったという。客席はおばちゃんの集団客がいて何人いたか判らないが、その後の客入りも良く常に7割の席は埋まっていた。口頭で注文。

Menyashinnosuke01 麺や 新のすけ

『特製タンタンメン(トマト)』 700円+『パルメザンチーズ』 60円=760円

やたらラーメンの種類が多い。ラーメンだけではなくちゃんぽん、皿うどんまである。迷ったけどこういう時は筆頭メニュー。特製タンタンメンだ。その中でもまた味が選べてトマト・塩・とんこつ・味噌・日替わり(この日はカレー)がある。ここでも迷った時は筆頭メニューの方式を当てはめトマト味を指定。となればトッピングにバルメザンチーズを追加。挽肉・玉子・薬味ネギなどたくさん入っているので、多加水気味の中太ストレート麺を箸で持ち上げる時重かった。味は『太陽のトマト麺』とだいたい同じ。同じになっちゃうよな。トマトとチーズでは。でも挽肉がたくさん入っているのは良かった。麺を食べ終わってもスープがリゾット状になってレンゲで掬って食べた。温まった。

帰りも川崎経由で帰宅。川崎でラゾーナに寄りパンを買ってから帰った。

« 大船夜行 | トップページ | 小杉夜行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新城新麺:

« 大船夜行 | トップページ | 小杉夜行 »