カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 鳥居踏張 | トップページ | 初秋酔亭 »

2008年9月 7日 (日)

豪快海龍

今日は六会日大の『豪快』に行く事にした。昼のみ営業4時間のみという難関店だ。聞くところによると大変な人気で朝から行列必至の店だという。開店時間のだいぶ前に到着出来るよう早めに家を出た。昨日と同様市営地下鉄ブルーラインで湘南台に出る予定だが、昨日「あっ上大岡にも地下鉄止まるんだった」と気がついた。それならその方が早いし、上大岡にはヨドバシカメラがあるのでわざわざ横浜に出る手間も省ける。よって上大岡までスクーターを走らせた。今日も空は雲が立ち込めてはいるが蒸し蒸ししてモワッと暑い日だ。駅近くに路駐して地下鉄に乗り込む。湘南台で小田急線に乗り換え一駅目、六会日大前で下車。駅から藤沢街道に向かって真っ直ぐ歩いて街道に出る手前の路地に店はあった。開店15分前に到着したが行列は店の角を曲がって10人以上はいた。急いで行列の最後尾へ。行列は我の後もどんどん延びていった。時間通り11時開店。4人がけのテーブル席に相席となったがどうにか最初から座れた。一列のカウンター8席。4人がけのテーブル席2卓。厨房には初老の店主とおばさん店員2人。FMラジオがBGM。店主は東池袋大勝軒系の出身との事。店内は節系のいい匂いがする。口頭で注文。

Goukai01 豪快 『らーめん』 680円

筆頭メニューのらーめんを注文。濃口醤油で鰹の風味がする和風ラーメンだ。麺はもちもちツルツルした中太ストレート。具は薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚、茹で玉子半個、1cmくらいの肉厚がありながら柔らかいチャーシューが1枚。この店のチャーシューは人気が高いようだが、確かにいい感じ。でも我はチャーシュー音痴なのでチャーシューめんは必要ないな。和風の味を求める人には堪能出来る一杯。連食でなければ完食だったかも知れない。バランスが良いのだ。行列も納得の一杯だった。

駅に戻り藤沢方面へまた一駅の善行で下車。この駅に降りるのもこれで3度目だ。2店目の店は藤沢街道沿いにある『海龍』だ。今年5月末『DragonKitchen』の後に寄る予定だった。急遽『夢中』に予定変更にしてしまったんだな。その時からまた来ようと思っていた。ところがこの店は駅から歩いて約1kmと遠い。更に過去2度訪れているのにすっかり忘れていたのだが、この善行周辺はやたら坂道が多いのだ。今回も下ったと思ったら上り坂になり更に下り坂といった感じできつかったな。汗が頭から滝のように落ちてくるのでタオルを頭に巻いて歩いた。遠くにサンマーメンの文字を発見しホッとした。黄色いビニール製看板が店前に広げてある。入店すると最近リニューアルしたのか黒くて綺麗な店内。L字型カウンター席に先客4人家族のみ。後客3人。厨房には店主と若い店員の2人。口頭で注文。

Kairyuu01 元祖中華そば 海龍 『中華そば』 650円

メニュー筆頭中華そばを注文。タイミングが良かったのか先客の分と一緒に早めに出された。生姜の味が効いたスキッとした醤油スープ。ちぢれ細麺。具は薬味ネギ、メンマ数本、ほうれん草、ナルト1枚、海苔1枚、チャーシュー2枚。シンプルな昔ながらの中華そば。昔のまんまではなく丁寧に作られている事はわかる。でも無理矢理誉めるとしたら「懐かしい」「ホッとする」以上の感想はない。電車を乗り継いで1Km近く坂道を歩いてまで行くような店ではなかった気がする。

帰りはあまり坂道を上りたくなかったので『DragonKitchen』手前まで歩いて学校などの施設がある緑の多い道を歩いた。途中コンビニに寄り、恒例になっているアイスモナカを齧りながら駅へと向かった。

« 鳥居踏張 | トップページ | 初秋酔亭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪快海龍:

« 鳥居踏張 | トップページ | 初秋酔亭 »