カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 新橋愛宕 | トップページ | 西国立光 »

2008年8月24日 (日)

湘南背脂

今日も昨日に続いてどんより曇っている。時折小雨も降っている状況。当初渋沢へ行く予定だったが今週も変更した方が良さそうだ。出発時はちょっと日が差してきたので迷ったけど辻堂へ向かう事にした。更に電車の中で辻堂での目的店の変更をした。今までの経験からして途中で予定を変えるとロクな事がない。この日も正にそうだった。まず最初に辻堂で電車を降り駅南口から右の方に進む。目的の店は『梵』という。駅から1km以上離れた場所にある。だからバスが来た時についつい乗ってしまった。停留所2つ目くらいで下車。店に向かうもシャッターが降りている。この時期夏休みかよ。やっぱりこういう展開になったかと思う。仕方なく当初目的店にしていた『らう』、『辻吉家』へと向かう。一旦湘南新道に出てから今度は藤沢方面へ歩を進める。これがまた遠い。おそらく3km弱くらいはあったのだと思う。何度も「もう着いただろう」「え?まだ?」という事を繰り返した。しかも途中から雨の降りが激しくなってきて、その中を40分近く歩いた。ようやく『らう』に到着した時には雨と汗でグショグショになっていた。予定を変えただけなのに何でこんな目に合わなくてはならないのか?と思ってしまった。ともかく『らう』に入店。入口に券売機。厨房側にL字型カウンター9席、壁側にカウンター席3席。厨房には若夫婦2人。先客5人後客8人で満席。

Rau01麺屋 らう 『こってりらうめん(太麺)』 700円

神奈川県では珍しく背脂チャッチャ系の店。こってりとあっさりがあり、それぞれ太麺と細麺が選べる。太麺を選択したが中太ストレート麺だった。具はほうれん草、薬味ネギ、チャーシュー2枚、海苔1枚。半味玉も半分のっている。写真を見ると白胡麻もふられているのかな?ニンニクを効かせた濃いめの味付けと背脂の甘さ。久々の背脂チャッチャ系、たまに食べるとこんなに美味かったのかと思った。満足の一杯。

次の店ははす向かいにある『辻吉家』に間髪いれず入店!…と思ったら何とこちらも遅い夏休み。これはもう辻堂はダメだ。予定はメチャクチャ。これから1Km以上歩いて駅に戻るのも馬鹿らしい。近くのバス停で5分ほど待ってバスで藤沢駅に戻る事にした。藤沢駅に到着すると更に雨はしとしとと雨脚を増していた。バスは駅北口に到着したので反対の南口に出る。もう本格的なラーメン店はあきらめて前から気になっていたチェーン店に行く事にした。『らう』と背脂つながりという事で、駅から歩いて3分程度の場所にある『寅』へ。藤沢市を中心に数店舗展開しているそうだがここが1号店との事。ビルの地下にあり階段で降りていくと入口がある。1Fまで吹き抜けの為天井は高い。店内は広いが入り組んでいて全体は見渡せない。テーブル席が主体で若年層を中心に賑わっている。我は正面のカウンター席に座った。その後も来客がひっきりなしで席待ち客も現れた。口頭で注文。

Cyukasobatora01中華そば 寅 藤沢店 『寅そば』 380円

ここの替え玉システムは面白く、カウンター席の奥にレールが配置され、自分の席の前にあるチップをレールに乗せ転がすシステムだった。隣の中学生の集団は何度も手馴れた感じでチップを転がしていた。そのせいか替え玉ばかりどんどん優先させられて我のラーメンが出てくるまで15分以上待たされた。とりあえず筆頭メニューを注文したのだが、これは醤油味で他に塩や味噌もあったが40円増しの料金設定になっていた。出て来たラーメンの味は値段相応というか。とにかくショッパくて妙な化学調味料的な味がした。麺はちぢれ細麺でプニプニしたコシのないもの。具は小さく薄いチャーシューとメンマ数本、薬味ネギ、海苔1枚。我だったらここで替え玉するんだったら、近くの『ら塾』で830円払う。

本来ならここで打ち止めするはずだけど気持ちが治まらず3店目へ。それは2店目の『寅』と同じグループ、というよりこちらが本筋と言ったほうがよいのだと思うが『古久家(こくや)』に向かった。こちらも藤沢市内に数店舗展開していて藤沢の人には故郷の馴染みの味なのだそうだ。駅前ターミナルを挟んで反対側、ダイヤモンドビルというビルの地下にあった。もう昭和の大衆食堂そのまんま。イスとテーブルといい、照明といい、働いてるおばちゃん達まで、なんなんだこのリアルレトロ感は。結構広い店内でテーブル席が一面にある。空席待ちで並んでいたが相席という形で3分くらい待っただけで席に案内された。前払いで直接食券を購入するそうだがそうとは知らず、席に案内されてから料金を払った。

Kokuya01中華の店 味の古久家 藤沢店

『名物ラーメン』 520円

筆頭の名物ラーメンを注文。だいたい味の予想はつく。昔ながらの醤油ラーメンだろう。出て来た一杯を見てもやっぱりそう。ん?でも麺が太いぞ?結構太めのプリプリした平打ち麺。そして具にニラ、にんじん、もやしの野菜炒めがのっている。他に薬味ネギ、メンマ、縁の赤い小さなかためのチャーシュー1枚。味は普通の醤油ラーメンだった。

2日連続で3連食。また満腹になってしまった。帰りも大船経由で根岸線に乗り帰った。

« 新橋愛宕 | トップページ | 西国立光 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/42256744

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南背脂:

« 新橋愛宕 | トップページ | 西国立光 »