カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 華隆餐館 | トップページ | 大野探訪 »

2008年6月13日 (金)

座間利休

ダラダラと残業はせず7時半に退社した。もし遅くなったら青葉台へ向かう予定だったが、この時間帯となれば先週ギリギリ間に合わなかった座間の『利休』へ行く事しか思い浮かばなかった。この時間ならば間に合うだろう。町田へ出て小田急に乗り換え小田急相模原へ向かう。今回はスムーズに電車に乗れてゴキゲンだ。駅を降り、先週来た国道沿いの道をてくてくと真っ直ぐ進む。これが歩いて10分程度とかなり離れているのがもどかしい。先週の行動の繰り返しなので一層そういう風に感じた。8時10分頃店に到着。営業中の看板表示だ。早速入店。カウンター席も少しあるがテーブル席主体でファミレスのような店構え。客入りは良く9割がた席は埋まっていた。空いているカウンター席に座る。隣の客のカバンが足元に置かれていて邪魔だった。厨房は奥にあり見えなかったが、接客のおばちゃんと若い女の子の店員の2人は確認出来た。口頭で注文。

Rikyuu01 麺厨房 利休 『みそらーめん』 680円

筆頭のノーマルな味噌を注文。これは正統な味噌ラーメンだった。味噌の濃度も高く満足出来る仕上がり。麺は平打ち中細麺ストレート。自家製麺だそうだ。確かにあまりみ見ない麺だ。具は薬味ネギ、もやし、メンマ、ハムのように薄いチャーシュー1枚。スープには白胡麻がかかり、辛味も少しだけある。あまりにスタンダード過ぎて面白さはないが味は満足出来た。味噌ラーメンは美味いなー。この後レジに行き料金を払ったがその時MY箸を忘れているのを思い出し、回収に向かった。危ないところだった。

帰りは今来た道を単純に戻って駅へ。

« 華隆餐館 | トップページ | 大野探訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座間利休:

« 華隆餐館 | トップページ | 大野探訪 »