カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 神保老舗 | トップページ | 旭区連食 »

2008年6月15日 (日)

近所憩店

昨日より多少雲は多かったけどまずまずの日差しがある梅雨の合間の晴れた日曜日。久々にスクーターで市内の食べ歩きに出かけた。今まで旭区は過去2店しか行った事がなく、この地域はもうちょっと探索してみる必要があるなとは前々から思っていたのだ。西横浜近辺から八王子街道を相鉄線と併走するように一気に北上していく。西谷近辺で街道を離れ、かつて我の通学路だった道に入っていく。昨年11月『支那そば屋』に行った際、母校は覗いているので今回は横目に直進する。しかし直進し過ぎて本線が横に曲がっているのに気づかず、畑が広がる山道に入ってしまう。住所を見ると何と鴨居だ。慌てて引き返す。ところがここで散々迷って立ち往生。仕方なく横道に行ったらどんどん道が開けてきて商店街に続いていた。その中ほどに今日の目的の店『りょうりょう』を発見した。今年3月末に出来た新店らしい。しかし美味しいラーメン店というオーラが全く感じられない。普通の商店街にある普通の町のラーメン店で、庶民的と言えば聞こえがいいが飾り気が何も無い。先客がいるようなので入店すると照明もついておらず座席には幟が横たわったまま。でも席に案内された。ちょうど開店するところだったようだ。厨房に店主と接客の店員の2人。先客一人と後客一人。この二人は地元商店街の顔馴染みのようで店主も交え親しげに話しはじめたので我1人浮いた存在になってしまった。場末感が増す。口頭で注文。

Ryouryou01 りょうりょう 『支那そば』 500円

筆頭の支那そば注文。普通の正油や塩、味噌もメニューにはあり、餃子もある。メニューも普遍的だなぁ。出てきたラーメンも絵に描いたような、撮影の小道具のような一杯だ。味も普通のラーメン。でも今時このクラシックスタイルで新店を出すというのは珍しい事なのかもしれない。鶏がら豚骨ダシで魚介ダシの入らない正油スープに黄色いちぢれ細麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ、ナルト、小さなチャーシュー1枚。今時この値段なので文句を言うつもりもなく、そこそこ美味しかった。しかし何という立地なのだろう。市内でこれほど最寄り駅から離れた地域も珍しい。少なくとも遠路はるばる行ってみる店ではない。近所の人たちの憩いの場所に過ぎないし、それでいいと思う。

« 神保老舗 | トップページ | 旭区連食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所憩店:

« 神保老舗 | トップページ | 旭区連食 »