カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 土曜鶯谷 | トップページ | 雨上善行 »

2008年5月24日 (土)

高価家系

秋葉原での買い物でかなり時間も空いたので帰宅途中に川崎で下車。かつて『麺道』があった場所にまた新しく家系ラーメン店が出店したらしいと聞き、会社帰りに寄れればと考えていたが、閉店が夜9時までと早い為行けなかったので気になっていた。仲見世通りの奥の方にあり、駅からだと地下街アゼリアを通過して結構遠い。ようやく到着する。確かに『麺道』があった場所がリニューアルされている。屋号は『武松家』。店主は『壱六家』から派生し藤沢に本店を持つ『松壱家』出身というから、『壱六家』の孫の関係になる。入口に券売機。店内は逆L字型カウンター席のみ。時間帯のせいか前後客ゼロ。厨房には店主ひとり。

Takematuya01 武松家 『醤油豚骨ラーメン(麺かため・油多め)』 700円

丸鶏白湯ラーメンというのもあり迷ったけど、やっぱりスタンダードに筆頭メニューを注文。甘みのある濃厚豚骨のクリーミーなスープ。中太ちぢれ太麺。具はほうれん草と薬味ネギ、チャーシュー1枚、海苔3枚。更に『壱六家』系らしく鶉の玉子が1個入っている。そしてメンマまでも。我の好きな『壱六家』の正統系統な感じの一杯で、この日3杯目だったけど苦にはならず食べる事が出来た。しかし家系ラーメンで基本のメニューが700円とは抵抗があるな。ラーメンは庶民の味方、特に家系はそうだという思いがあったからかなり複雑だ。

帰りには雨が降り始めた。アゼリア地下で有隣堂に寄りまた本を買ってしまった。それから家路を急いだ。

« 土曜鶯谷 | トップページ | 雨上善行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高価家系:

« 土曜鶯谷 | トップページ | 雨上善行 »