カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 後藤梅本 | トップページ | 壱國味噌 »

2008年3月 2日 (日)

田丸藤平

パソコンを改造作業の予定があるので今日の食べ歩きはサクッと済ませたかった。そこで正月以来になる目黒へ出向く事にした。10時半頃家を出て横浜から湘南新宿ラインで恵比寿に出て山手線で一駅目。しかも駅から近い所にあるのであまり遠征という感じでもない。まずは『田丸』というこの辺りでは老舗にあたる店に入店。でも店構えはカレーショップのような感じで店舗はガラス貼りで入口も自動ドア。正方形の厨房を囲んだL字型カウンター。厨房には中年店主がひとりだったが後から奥さんも登場。先客一人後客二人。口頭で注文。

Tamaru01 らーめん 田丸 『ラーメン』 600円

一見普通のラーメンに見えるがなかなかに個性的。スープがコンソメっぽい味わいがある。豚ガラとチャーシューの煮汁でスープをとっているらしい。茹でキャベツもこのスープに合っているし良い感じ。麺は中太ちぢれ麺で170gと通常よりやや多め。さらに柔らかめのチャーシューが普通のラーメンなのに4枚くらいのっていた。プラスメンマ。なかなかコストパフォーマンスもいい。こういう地味だけど個性のあるラーメンを求めて食べ歩きをしているんだよなと思い返させられる一杯だった。

続いて『田丸』と目黒通りを挟んで真向かいにある『藤平(とうべい)』へ入店。大阪に本店があり関西地区を中心にチェーン展開している店の数少ない都内進出店との事。和風な店構え。奥に長い店内。一列のカウンター席とテーブル席がいくつか。厨房は奥の方にある。先客5人後客2人。卓上に藤平物語のマンガ小冊子が置いてあった。

Toubei01 らー麺 藤平 目黒店 『藤平ラーメン』 680円

筆頭で屋号を冠するメニュー注文。基本的には九州豚骨ラーメンなのだが、麺が柔らかめの多加水細麺でちょっと違和感がある。やっぱりチェーン店らしく化調を感じるな。値段も高めでちょっと残念な印象だった。

でもまだまだ目黒は終わらない。また来る事になるだろう。

« 後藤梅本 | トップページ | 壱國味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田丸藤平:

« 後藤梅本 | トップページ | 壱國味噌 »