カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 生麦再訪 | トップページ | 厚木雨行 »

2008年3月19日 (水)

夜世田谷

早くも今日は週末にあたる。というのは明日が祭日で明後日は再び個人休日、それから土日になだれ込む4連休に突入するからだ。だから今夜は遠征すると決めていた。狙いは小田急線沿線の夜のみ営業の有名店の連食コース。しかしながら結局会社を退社出来たのは21時過ぎ。しかも雨が降っていて止む気配もない。それでも意思は固く決行する事にした。町田に出て小田急線急行で成城学園前で下車し各駅停車に乗り換え一駅目の祖師ヶ谷大蔵で降りる。徒歩3分くらいの駅前の路地に目的の店『こましょう』があった。店主は小松正一。『たけちゃんにぼしらーめん』に出会いラーメン屋になる事を決意したという。引き戸を開け入店すると地味な飾らない和風っぽい内装。L字型カウンターに先客6人後客3人。厨房に男が二人。作り方が丁寧だ。口頭で注文。

Comasyou01 中華そば こましょう

『中華そば(醤油)』 700円+『味付玉子』 100円=800円

筆頭の中華そばを。醤油と塩が選べるが醤油で注文。味玉が評判なので追加注文。正統派中華そばといった感じの一杯。魚介だしが淡いまろやか醤油スープに薬味ネギがたくさん浮く。。麺はかために茹でられたちぢれ細麺。具は脂身の少ないさっぱりした大きめのチャーシューはそこそこ肉厚で美味しい。さらにメンマとほうれん草、海苔1枚。メンマだけではなくほうれん草まで美味しいと思ったのは久々だ。トッピングの味玉も黄身とろりで味が染みて噂に違わず美味しかった。丁寧に作られた感じが舌に伝わる一杯。ちょっとスープの味が優しすぎるくらいか。隣の客は中華そばとつけ麺をダブルで注文していたのには驚いた。

駅に戻り各駅停車に乗り5駅目、世田谷代田で下車。雨の中環七沿いをひたすら北上していく。しばらく6分ほど歩くと2軒目の目的の店『麺通』を発見。ガラス張りの店内。入口に券売機。中に入るとかなり狭い印象のL字型カウンター。厨房には店主一人。かつては渋谷で屋台を出していたという。先客5人後客3人。TVとラジオがダブルで流れている。壁際の席に座ったが横にはマンガが陳列され、上には麺へのこだわりと薀蓄が書かたボードが掛けられていた。

Mentuu01 麺通 『番長らーめん』 680円

こってり醤油の番長とあっさり醤油の屋台の2種類が基本となっている。筆頭オススメマーク入りの番長を注文。これはにんにく背脂チャッチャラーメンだ。上には茹でられたもやし。だから一瞬『二郎』が頭をよぎったが醤油が違う。背脂もあっさりめだし。自慢の自家製熟成麺は確かに美味しい。ピロピロとした感じの平打ち麺は何ともいえない弾力と喉越しの良さがある。具は他に小さめの巻きバラチャーシューが3枚のり、メンマと海苔1枚が添えられる。コストパフォーマンスもよくいい感じの一杯だった。

ここまで来ると井の頭線新代田駅の方が近いのでそのまま環七を直進した。渋谷に出て東横線で帰った。帰宅はちょうど午前零時だった。

« 生麦再訪 | トップページ | 厚木雨行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜世田谷:

« 生麦再訪 | トップページ | 厚木雨行 »