カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 永福大勝 | トップページ | 生麦再訪 »

2008年3月15日 (土)

調布連麺

昨夜とはうって変わって快晴の土曜日。そして今までの服装では汗が出てくるくらい暖かい。そういえばいつの間にかもう3月も半ばだ。先週に引き続きまた生簀を買いに秋葉原へ行く予定だったのでまたその近辺の店にしようかとも思ったが、今週こそは馴染みの無い街の食べ歩き遠征をしたいなという気持ちが高まっていた。そこで以前から気になっていた調布に行く事にした。横浜から新宿湘南ライン急行に乗り新宿で京王線に乗り換える。準急に乗ったが二駅で着いてしまった。でもやっぱり車窓からは畑が目立つすっかり郊外の風景だ。

最初に目指したのは『千ひろ』という店。なかなか見つからなくて焦った。というのはここの看板メニューの鯛骨スープ麺は1日限定20食、昼の部だけで10食のみというレア度だからだ。駅に着いたのが開店時間15分を廻っていたので余裕がなかった。結局駅前の飲み屋が連なる路地にあった。店構えも普通の駅前の中華料理屋っぽい。L字カウンター席と4人がけテーブル席二つ。厨房には熟年夫婦。先客一人後客三人。鯛骨スープ麺にありつけそうだ。常連客が多そうで店主と世間話で盛り上がっている。口頭で注文。

Chihiro01らあめん 千ひろ 『鯛骨スープ麺』 950円

念願の筆頭看板メニューにありつけた。平たい大きな丼で登場。黄金色の澄んだスープの中央に黄色い細ストレート麺が盛られている。真鯛の頭骨、ワタリ蟹、昆布等でダシを取ったスープは魚介の臭みは全く無くすっきりと甘い味わい。このスープが主役の為具材は少ない。かいわれ大根と白髭ネギと生姜の細切り。それでも麺、スープ、具がとても合っている。ラーメンというより日本料理のカテゴリーに入りそうな一杯だった。

もう一軒は調布といえばこの店『たけちゃんにぼしらーめん』だ。代々木店には2度ほど行っていたが本店は初めて。以前は深大寺の方にあったが2年前に調布駅前に移転したそうだ。まだ新しい店構え。奥に長い店舗で一列二段になっているカウンター席とテーブル席が少し。店の中央に券売機が2台。席の8割がたが埋まっていて来客も切れない。良い感じで客が回転しているようだ。

Takenibo03たけちゃんにぼしらーめん 調布店

『たけにぼ蕎麦らーめん』 950円

困ったのが何を注文するかだ。醤油も塩も代々木店で食べているのでそれとは別のものがいいなと思ったら特別メニューのポスターが券売機近くに貼られていた。蕎麦らーめんか。煮干しだし、深大寺蕎麦も連想させられるしこの店に合ったメニューと思い注文した。麺は小麦に福井県産の蕎麦粉を練りこんで合わせたというが、形も色も食感も蕎麦そのもの。高菜がインパクトあったかな。スープも胡麻を感じるもので味としては日本蕎麦そのものだった。今日は期せずして和風の味がかぶった。

« 永福大勝 | トップページ | 生麦再訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/40509648

この記事へのトラックバック一覧です: 調布連麺:

« 永福大勝 | トップページ | 生麦再訪 »