カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日曜経堂 | トップページ | 初大井町 »

2008年2月11日 (月)

祝日寸胴

月曜祝日という事でなかなか食べ歩きには難しい。月曜定休と日祝定休もあるので限られる。いろいろ迷ったが昨年夏六本木へ行った時に奇妙な店を見つけたのを思い出した。そこは日曜定休で祝日は営業しているようだ。早速六本木を目指した。横浜から東横線で中目黒へ、そこから反対側のホームの日比谷線へ乗り換え六本木へ。そこから歩いて10分外苑西通りまで歩いて青山公園方向へ。すると何と休み。昨日臨時営業して今日が臨時休業との貼り紙。仕方ない、もう一軒狙っていた店へ。首都高側の大通りに戻り駅に向かって歩く。この辺りは休日だと本当に人通りが少ないな。真夏の時は日陰を探して歩いた事を思い出した。ビルの1Fに幟を発見。屋号は『ずんどう屋』。近くにもう一店舗支店があるようだ。中に入るとL字型カウンター。厨房には男の店員二人。先客3人後客3人。口頭で注文。料金先払い。

Zundouya01 純こくラーメン ずんどう屋 西麻布店

『こってりトンコツラーメン(太麺)』 650円

筆頭は支那そばだったが店イチオシのこってりトンコツ注文。太麺と細麺を選べる。出てきたラーメンはこってりとは言いながらこってり感が希薄。博多ラーメンのような豚骨のコクはないし、背脂がかかっているわけでもない。支那そばの普通の醤油スープよりはゲンコツだしが濃いめかなという程度。麺は多加水ちぢれ中太麺。青葱の小口切りとメンマ、かためのチャーシュー1枚、海苔1枚。味玉は創業10周年記念でサービスなのだそうだ。うーんこれは美味しいとは言いがたい。インスタントのサッポロ1番を髣髴させる味がスープからも麺からも感じられた。

やっぱり予定を狂わされるとろくな事はない。場所を変えよう。今日は大井町と六本木どちらにしようか迷っていたのだ。そうだ大井町に行こう。大江戸線六本木駅に行き、電車に乗り大門で下車。そこからJR浜松町駅に行って京浜東北線で大井町へと向かった。

« 日曜経堂 | トップページ | 初大井町 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝日寸胴:

« 日曜経堂 | トップページ | 初大井町 »