カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 正月台東 | トップページ | 荻窪拉麺 »

2008年1月 4日 (金)

豚骨金子

年末年始ラーメンを食べすぎたせいもあるが、今日はあまり気乗りしない日だった。それでも天気が良かったので外出する事に。都内はもういい加減連チャンなので行く気はせず県内に狙いを定めた。関内で市営地下鉄に乗り終点の湘南台で下車。そこからバスに乗り15分、用田というバス停で下車。そこから交差点を左折して3分ほど歩いた所にある店。駐車場がある為客入りはいい。店内は駄菓子が置いてあったり昭和30年代のポスターが貼られていたりとレトロ演出。口頭で注文。

Tonkotukaneko01_2 とんこつの金子 『銅の豚骨』 680円

金銀銅とあり金は辛味が入り銀は博多系、銅は豚骨醤油。基本っぽい銅を注文。豚骨臭ではなく大蒜臭がする。スープ表面には大粒の背脂が浮く。具はメンマ、薬味ネギ、ほうれん草、海苔1枚。薄く大きな巻きバラチャーシュー1枚。麺は自家製の中太平打ち縮れ麺。もちもちしている。豚骨というより醤油スープの印象が強く背脂でごまかされている印象だ。

近くの姉妹店『味噌の金子』にも行くつもりだったが、今日は全然気力がないのでそのままバスで湘南台に戻る。今度は小田急線に乗り善行という駅で下車。駅前のかなり急な下り坂を降りた所にある白い店構えの店の二階にある『ラーメンベア』に入店。テーブル席主体だが窓側は一列にカウンター席になっている。結構家族連れが多い。口頭で注文。

Ramenbear01 ザ・ラーメンベア 『味噌ラーメン』 650円

単に今日は味噌ラーメンが食べたかったからガイド本にあったこの店に寄ったのだが、普通の町の中華料理屋で出すような味噌ラーメンだった。何のコメントもしようがない。後から隣に煙草を吸う客が来て不愉快だった。

« 正月台東 | トップページ | 荻窪拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豚骨金子:

« 正月台東 | トップページ | 荻窪拉麺 »