カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 赤羽遠征 | トップページ | 晦日渋谷 »

2007年12月30日 (日)

都築白河

年末も押し詰まってきたのでネットで営業している店をチェック。都内連チャンはキツイので県内の店を探していると浮かび上がってきたのは『白河中華そば』。我が喜多方&白河系に苦手意識がある為敬遠していた市内で最後に残された名店だ。ここの店主は『とら食堂』二代目店主と同級生の間柄なのだそうだ。関内から市営地下鉄で仲町台という駅で下車。そこから15分弱ほど歩く。新興住宅地なので単純な道で迷う事もなかった。ようやく青い暖簾の店を発見。引き戸を開けるとL字カウンターが並ぶ。店主と奥さんと接客の女店員がいる。7割方席は埋まっていた。後客もぼちぼち来て常に七割以上をキープしている感じ。口頭で注文。

Shirakawacyuuka01 白河中華そば 『中華そば』 680円+『煮玉子』 100円=780円

魚介ダシが香るキリッとした醤油味のスープ。不揃いでチリチリに縮れた手打ち麺。縁の赤いサッパリとしたチャーシュー、ほうれん草、ナルト、薬味ネギ、海苔1枚。トッピングの玉子も黄身これを中華そばというのが惜しいくらい和風な一杯。スープを飲んでも全く苦にならない。これは確かに美味しい。毎日食べられるラーメンだなーと実感した。

再び駅までの長い距離を歩いて駅に戻る。今日は強烈に風が強い。そういえば昨年もこの時期に強風の寒い中殺風景なこの辺りの町を歩いたっけなぁと思いながら歩いた。電車に乗りセンター北で下車。食べ歩きを初めてから一体何回この駅で下車しただろうか?本当にラーメンに縁深い町だ。モザイクモールという駅前のショッピングモールの5階へ向かう。昨年6月に入った『新福菜館』の隣の店、当時は『よってこや』が入っていたが今月1日に居抜きで新店が入ったのだ。というか『よってこや』を経営する外食チェーンが運営する別ブランド『太陽のトマト麺』に入れ替えたというべきだろう。屋号が示す通りトマトにこだわった奇抜なラーメンを出すというこの店に興味があった。テーブル席主体なのでよく判らなかったが5割くらい席が埋まっていたかな?外食チェーンらしく接客は良い。口頭で注文。

Taiyounotomato01 太陽のトマト麺 モザイクモール店 『太陽のチーズラーメン』 780円

メニューにオススメマークがあったチーズラーメンを注文。正に日本人が思い描くイタリア料理的なアレンジを加えたラーメン。というよりトマトソースベースのスープパスタといった方が近いと思うが、この料理がラーメンか否かの論議は意味が無い。要は料理として美味しいかどうかだ。まずスープはイタリアのトマトの酸味が効いていてなかなかのものだし、トマトの果肉もふんだんに入っていてコクがある。鶏白湯をベースにトマトを加えて作ったそうだ。大蒜の風味もある。麺は豆乳を練りこんだという柔らかめに茹でられらた極細麺。その上に溶けてかたまった粉チーズの山にバジルがかかっている。あとはほうれん草と鶏肉が入っている。こんにゃく麺を連想させるやわやわの極細麺は、スープの味の強さとバランスを取る為に仕方が無いし正解なのだろうが、麺が唯一ラーメンとの接点がある部分なのでそこはラーメン好きとしてちょっと残念だった。

« 赤羽遠征 | トップページ | 晦日渋谷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都築白河:

« 赤羽遠征 | トップページ | 晦日渋谷 »