カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 勇次夜変 | トップページ | 北久里歩 »

2007年11月23日 (金)

秋川遠征

三連休初日は普段の週末ではなかなか行く気が起きない遠方へ行ってみたいと思い、あきる野市秋川に狙いを定めた。こう言っては何だが、周りに何があるわけでもない五日市線沿線なのにラーメン激戦区になっているのだ。まず湘南新宿ラインで新宿に出てから中央線中央特快で国分寺まで行く。そこで青梅線直通各駅停車に乗り換えて拝島まで出て、ようやく五日市線に乗り込んだ。家を出てから片道2時間かかった。予想通りの地方都市のそのまた周辺の駅のような雰囲気。駅前に小じんまりしたロータリーがあるばかり。それでも道路を歩いているとラーメンの幟だけは目に付く。さて最初の店は『池谷精肉店』という。単に実家の店名をそのまま引き継いだだけだというが、そのまま引き継ぐ事はないのにと思う。店に着くと何と20人ほどの行列が!こんな田舎でこれだけラーメン店があるにも関わらずこれほどの行列とは予想外だった。と思ったら開店前だった。10分ほど遅れていたようだ。ようやく中で入れたがちょうど席に座れなかった。残念。店内は木造りでL字型のカウンター。日清製粉の粉袋が壁に貼られている。横にはこれ見よがしに製麺機が置いてある。厨房には熟年夫婦2人。入口に『ポクポクポクチン』タイプの番号を入力する小さな券売機あり。やっぱり壊れやすい廉価版のようですぐ壊れたようだ。

Ikeyaseinikuten01麺 池谷精肉店 『我流らーめん』 650円

つけめん専門店ではあるが当然ラーメンを注文。大盛り無料のようだが連食の為普通盛りに。豪快な背脂チャッチャ系のラーメン。麺はつけめんと同じツルツルの丸々とした太麺。そしてスープも味濃いめの鰹の強い魚介豚骨醤油。これに大量の背脂がかかるのは今までありそうで無かった。また具もざんぎりネギも荒々しく硬めのものだし、コリコリの茎ワカメも不思議な食感。半玉も入っている。なかなかのコストパフォーマンスだ。でも何となく店の雰囲気が合わなかった。

最初の一発目がかなりごつい一杯だったのですぐさま2店目というわけにいかなかった。だからしばらく駅周辺を散策してみる。どこまでも地方の町だなー。飲食店が多いけどこんな田舎で食い合いにならないでやっていけてるのか不思議だ。お腹はまだこなれていないが時間がもったいないので入店。2店目は結局『池谷精肉店』と同じ並びにある『太公望』だ。屋根には飛魚出汁ラーメンと書かれていた。中に入るとL字型カウンターに9割がた先客がいた。2席ばかりの空席のひとつに座る。厨房には熟年夫婦2人。店主は何と鹿児島『和田屋』で修行したらしい。着飾らない庶民的な店の雰囲気。テレビがBGV。口頭で注文。

Taikoubou01飛魚出汁ラーメン 太公望

『濃い口正油ラーメン』 650円

普通の薄口と魚粉がたくさん入った濃い口が選択出来る。店主曰く味が全然違うとの事。せっかくだから濃い口を選んだ。見かけは典型的な中華そばだがやっぱりスープ表面には魚粉が多く見える。香ばしく甘みがある。これがアゴ(飛魚)か。無化調の為丸みを帯びた優しい味わい。麺はモチモチした中太ちぢれ麺。具はきざみネギ、穂先メンマを小さく切ったもの、ワカメ、海苔1枚。半玉とチャーシュー1枚。奇をてらうのではなく個性を出している一杯だったので好印象。

本当はもう一店入りたかった店があるのでしばらくまた町を周回したが、この満腹状態はかなりのものだったので諦めて帰る事にした。こんな状態で3店目に行けば不幸な結果しかないからだ。なかなかこんなところまで来るのは大変だが、機会があればまた来る事もあるだろう。駅に向かうとちょうど電車が来たので慌てて走って乗る事が出来た。拝島から青梅特快に乗った。中野で下車するつもりだったが満腹だったので寝ている間に通り過ぎてしまった。御茶ノ水で下車し秋葉原に出てから帰路についた。

« 勇次夜変 | トップページ | 北久里歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/17162650

この記事へのトラックバック一覧です: 秋川遠征:

« 勇次夜変 | トップページ | 北久里歩 »