カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 梯子坦々 | トップページ | 母校訪問 »

2007年11月17日 (土)

昼夜新橋

体も温まったので歩いて新橋駅まで移動。レンガ張りの線路沿いを真っ直ぐ歩く。次の店はニュー新橋ビル地下にある『うまか蔵』という熊本ラーメンの店。しかし残念ながらシャッターが閉まっていた。仕方なく携帯サイトで代わりの店を検索すると、駅からだいぶ離れたところに『がんや』という店があるらしいので行ってみた。ニュー新橋ビルの脇を真っ直ぐ虎ノ門方面へ5分以上歩く。ところがここも休み。サラリーマンの街だけあって土日の新橋は使えない。でもここまでくる途中の路地裏に魅力的な店構えの店を見つけていたのでそこに行く事にした。駅の方へ再び戻る。路地裏に赤提灯、白い暖簾に中華そばの文字。絵に描いたようなラーメン屋の佇まい。かたい戸をあけると一杯飲み屋のような年季の入った一列のカウンターのみの店。年配の親父が似合いそうな店だが意外と店主は若い男。以前は国分寺で『みやでら』という店をやっていたらしい。先客一人後客二人。口頭で注文。

Minoya01 中華そば みのや 『らーめん』 500円

煮干が香る正油スープ。コシのある黄色いちぢれ中細麺。メンマときざみネギ、小さな海苔、切れ端のような小さいチャーシュー。コクもあるけど意図的にマイルドな感じにしているようだ。飲んだ後には最適の一杯なのだろう。大盛り無料というのも好印象。近場にあればよく寄ったのではないかな。

一旦帰宅したもののまた新橋に戻らなければならない。前の会社の子達と5時から飲みの約束があるからだ。ところが中途半端な時間が空いてしまった為うたた寝をしていたら完全に落ちてしまった。寒かったし腹も満たされたので猛烈な睡魔に抗えなかった。結局1時間遅れで新橋へ駆けつける。久々なので話に花が咲いた。結局5時間も飲んでしまった。でも締めのラーメンは忘れずに。新橋駅前をうろつくと鳥森口付近に味噌ラーメンをメインに据えた『北斗』という店があったので入店。縦長のカレーハウスのように白いカウンターとスタンド椅子。時間帯のせいか7割方席は埋まっていた。厨房は奥にあり見えない。口頭で注文。

Ramenhokuto01 らぁめん北斗 新橋店 『赤だし味噌らあめん』 700円

様々な味噌のバリエーションがあった中で赤だし味噌に惹かれて注文。確かに赤だし味噌で豆腐まで入っている。麺はコシのある中細ストレート麺。もやし等の茹で野菜の上に大根おろしと花かつお節がのっている。そのまま赤味噌と大根おろしとかつお節の味であった。でも個性があったのでよしとしよう。

家に帰って再び爆睡眠。最近疲れが抜けにくいのが困る。.

« 梯子坦々 | トップページ | 母校訪問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼夜新橋:

« 梯子坦々 | トップページ | 母校訪問 »