カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 手打興隆 | トップページ | 池袋生粋 »

2007年11月 2日 (金)

町田夜迷

今夜は食べ歩き史上近年まれに見るコテンパンな夜だった。残業が長引いたのは予測済みだったのでまぁ問題は無かった。今夜の狙いを町田と古淵の間辺りにある有名店『火の国』にした事に端を発する。駅からかなり遠い上、週末でかなり疲れた状態でスーツ姿で遠距離歩くのはキツイのでバスで行こうと計画を立てた。町田駅中央口改札を出てバスターミナルの方向を示す看板に従い歩いた。しかも店の方向とは正反対の成瀬方向へ結構な距離だった。バスターミナルが駅からこんなに遠いのかと疑問に思った。ようやく辿り着いたが何だか様子がおかしい。閑散としているのだ。人もバスも数えるほどしかいないバスターミナルの時刻表を見ると何と夜9時以降が空欄になっていた。そんな馬鹿な!町田ってそんなに田舎か?と疑った。仕方なく歩いて駅中央方向にトボトボと歩く。仕方ないから歩くしかないかと思う。ところが駅中央部下に人とバスが行き交うバスセンターがあったではないか!何という骨折り損だ!急いで目的地行きのバス停を調べ降りると、ちょうどバスが出発してしまうタイミング。一度閉じたドアだが開けてもらい運良く乗れた。先ほどは落胆してもう禁断のタクシーを使ってしまおうかと迷っていたので本当に良かった。と思っていた、この時は。ところがこのバスは店のある方向には行かず途中で曲がってしまった。鎌倉街道ではなく町田街道の方へ走っているようなのだ。一応下調べはしていたので怪しいなとは思っていたが、不案内な土地での事なので「まさかまさか」と乗り続け事態を最悪の方へ導いてしまった。これはまずいぞと思い次のバス停で降りると決めたのだが道路工事の為遅々と進まず。ようやく木曽団地というバス停で降りる。見知らぬ夜の田舎の街道沿いに一人佇む事になってしまった。とにかく今バスで来た道を歩いて戻るしかない。憤慨で心が一杯な気持ちで歩くと運の良い事に町田方向に戻るバスが来て乗る事が出来た。しばらくして元の町田バスセンターへ戻ってきた。バス代かけて何をやっていたのか。時計を見ると9時40分。『火の国』は遅くまでやっているが連食を考えていた店は10時に閉店の予定。これは順序を逆にしておいた方が良さそうだと『でくの坊』という店を目指す。ただでさえ不案内な町田の道を夜に彷徨いようやく閉店10分前に辿りつくも一歩遅く閉店していた。「また今度お願いします」だと。もう気持ちはぶつけようの無い怒りで一杯。こうなったら意地でも『火の国』を目指す。歩いて歩いて歩いて、先ほどバスが曲がってしまった分岐点の交差点を越えた。寒さを感じていた夜の町田だが、この頃になるとワイシャツの袖をまくった。そこにちょうどバスが来た。今度こそ間違いはない。またもや飛び乗る形で乗り込む。しかし次のバス停の名前はちょうど降りるべきバス停だった。結局一停留所分しか乗らずに下車。さぁようやく『火の国』だと思いどんどん歩くがなかなか見つからない。そう、降りるべきバス停を間違えてひとつ手前に降りていたようなのだ。だがもうこうなれば意地だ。どんどん歩くとラーメンの幟があったので駆けつけてみると『大桜』だった。また歩く。ひたすら歩く。そしてようやく『火の国』の看板が見えてきた。結構距離のあるところから豚骨臭が漂ってきた。懐かしい駄菓子屋を思わせる店内は姉妹店『ラーメンと夢はじまるby』と同じ。想像していたより店内は狭い。こんな辺鄙な場所なのに客入りは良い。柱に引っ掛けられたヤカンから水を注ぐのだが水が入ってないよ。あと切り株型の椅子が硬い上床に固定されていて隣の客との間が取れないのも難だ。口頭にて注文したが、出てくるのがかなり遅い。

Hinokuni01 九州ラーメン 火の国

『ラーメン(麺バリカタ)』 650円+『チーズ』 100円+『きくらげ』 150円=900円

『はじまるby』ではどろラーメンを食べたので本店では基本のラーメンに自分の好きなチーズときくらげをトッピング。これは濃厚な豚骨スープだ。確かに有名店だけの事はある。熊本系だけあってニンニクの味がするが豚骨の旨みを壊すほどではない。濃厚豚骨に溶けているチーズがベストな味わい。白胡麻は最初からかかっている。麺は細麺ストレート。きくらげもコリコリしたものが山のよう。基本の具で青ネギの小口切り、半玉、海苔1枚。チャーシューが驚くほど大きくて肉厚。あんなに精神的なコンディションは最悪だったのに満足して完食。

帰りもちょうどバスが来たのでスムーズに町田駅に戻れた。さて時計を見るとすでに11時前だ。連食は可能なのか携帯サイトで検索すると『風来坊』なる店が11時半までやっているという。ここだ!ここしかない!そう思い真夜中の小田急線の線路沿いを歩き彷徨う。ようやく目的地周辺に来たのだが人気がない。見つけた店はまたもやすでに閉店していた。最後の最後までコテンパンな夜だ。駅周辺の商店街を歩いてみるものの開いているのは既に入った事のあるチェーン店ばかりで連食する価値も無い。せっかくの金曜だけど今日は引き上げるしかなさそうだ。こんな事なら『火の国』で替え玉するとか『大桜』に寄っておけばよかったと後悔した。

夜の町田周辺を縦横無尽に歩き回って疲れ果ててジ・エンド。当然帰宅したのは日付が変わった後の事。コテンパンな夜。でもこれは後日は思い出として記憶されるのだと自分に言い聞かせた。

« 手打興隆 | トップページ | 池袋生粋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町田夜迷:

« 手打興隆 | トップページ | 池袋生粋 »