カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 桃桜林行 | トップページ | 来々満足 »

2007年11月11日 (日)

東急品川

昨夜に続いて品川区で連食。最初の店は東急池上線戸越銀座にある。まず東横線で自由が丘に出て大井町線に乗り換え旗の台、更に池上線に乗り換え戸越銀座へ降り立つ。なかなかに複雑な経路だ。もちろん戸越銀座などは初めての土地だが、東急線沿線独特の道幅は広くない道に沿って商店街が続いていた。その商店街の中にある『えにし』が今日の目的の店だ。ラーメン屋でビルの二階にあるとはなかなか厳しい立地だと思った。我が着いた時ちょうど店員が道路脇に看板を出していた。てっきり最初の客かなと思ったら先客が4人いた。開店前から待っていたのかな?入口に券売機有り。二階にあるだけあって道路側がガラス張りで明るく喫茶店のようだ。でも厨房には男の店員三人で客も男ばかりだった。後客4人。なかなか人気店のようだ。

Togoshienishi01 和らーめん専門店 戸越えにし 『らーめん(麺かため)』 650円

鰹ダシが香る丁寧に作られた醤油ラーメン。醤油の味は濃いめなのに味わいはマイルド。今や珍しくないが無化調を標榜している。麺はボキボキした食感の細麺ストレート。具はメンマ、小松菜、きざみネギ。印象が残ったのはロースチャーシュー。大ぶり肉厚で良く炙られたもの。表面がかためな感じ。正統派の醤油ラーメンで美味しかった。でももうちょっと個性が欲しかった。隣の客が朝からビールを飲んでいたがこぼして危ういところだった。

次の店は同じ東急線でも目黒線、武蔵小山の近くにあるのだが、地図で見ると歩いていけそうなので腹ごなしも兼ね徒歩で向かった。中原街道に出て陸橋を渡るとすぐアーケード商店街が見えたのでそこに沿って歩く。やたら長い一直線の商店街で出口が遠くに見える。見知らぬ土地でも商店街を歩くと安心感があり楽しいものだ。武蔵小山駅に到着し道路を渡った脇道に次の店『Bonito Bonito(ボニート・ボニート)』を発見。ボニートとはスペイン語で鰹の意との事。店主は高知出身で地元の鰹にこだわっているらしい。カウンター席のみの店。満席で一人が空席待ち。入口に券売機有り。誤って食券を買ってしまい払い戻ししてもらうハプニングもあった。厨房には熟年夫婦と接客のおばさん一人。10分ほど待ってようやく座れたが、そこからラーメンが出てくるまで10分かかった。

Bonitobonito01 麺 Bonito Bonito

『正油らーめん(麺かため)』 680円+『あらびきスープ』 100円=780円

こちらも鰹ダシが香る正油ラーメン。追加であらびきスープを頼んだおかげで鰹度が増加だ。こちらも無化調にこだわっている。麺はかための中細麺。具はワカメ、カイワレ、きざみネギ、色の薄いブロックのような独特のメンマ。驚くほど肉厚の巻きバラチャーシュー。初回からあらびき追加したせいもあるだろうが鰹の風味が強烈な正油ラーメンだった。

武蔵小山という土地も初めて訪れたがラーメン激戦区のようなのでまた再訪する事になるかもしれない。帰りは目黒線終点の武蔵小杉で東横線に乗り継いで横浜へ戻った。

« 桃桜林行 | トップページ | 来々満足 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東急品川:

« 桃桜林行 | トップページ | 来々満足 »