カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 接触事故 | トップページ | 一蘭完食 »

2007年9月17日 (月)

鎌倉麺食

三連休最終日。今日も残暑が厳しく風が強い。東京方面へ行く気が起こらず反対方向の鎌倉へ行ってみる事にした。横須賀線に乗り鎌倉で下車。そこから久々江ノ電に乗り二駅目の由比ガ浜で下車。この辺になると空も山も空気も湘南という感じがする。厳しい日差しの中5分ほど歩いたところに今日の目的の店『HANABI』の看板が見えた。その前に人が数人いるのが見えた。まさかもう行列?と思って小走りに店まで行ったらまだ開店していなかった。我が到着して1分もしない内に開店。鎌倉らしいお洒落な喫茶店風の店構え。厨房には3名。10席以上の一列のカウンター席。先客5人後客4人。口頭で注文。

Hanabi01 かまくら らーめん HANABI 『味玉らーめん』 730円

分類すると魚介醤油ラーメンにあたる。表面に魚粉が浮くかなり濃厚な魚介味ながらも醤油の味も生きている美味しいスープ。麺は中細ストレートでコシがあり小麦の美味しさも良い。ほうれん草ときざみネギと海苔1枚。大きめのメンマは柔らかいながら歯ごたえもあり美味しい。巻きバラチャーシューも大きくて甘くて柔らかい。秋田産地鶏の味玉も黄身がしっとりゼリー状で最高級クラスの美味しさ。スープ、麺、具どれもが美味しい。久々の完食だった。

駅に戻るとちょうど電車が到着してスムーズに鎌倉へ戻れた。江ノ電鎌倉駅で1800円のサラミをお土産に買った。それから駅を出て歩いて3分弱、東急ストアの脇にある小さな和風の店構えの『海鳴(うなり)』に入店。厨房に男の店員二人接客係の女店員一人。ちょうど昼時だけあって先客5人。カウンター席はほぼ埋まっていてテーブル席で相席になった。後客ゼロ。口頭で注文。

Unari01 湘南麺屋 海鳴 『和風温麺 塩』 700円

筆頭の塩を注文。上品な感じの塩ラーメン。細麺ストレート。穂先メンマと青ネギの小口切り、海苔1枚。全体的に味が薄くダシの旨みも不足していたような気がした。ただ炙りチャーシューは絶品ものだった。ただし味が濃く脂身も多いので量は食べられないと思う。

帰りの横須賀線もタイミングよく乗れて座れて良かった。

« 接触事故 | トップページ | 一蘭完食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉麺食:

« 接触事故 | トップページ | 一蘭完食 »