カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 日出剛浸 | トップページ | 住吉丸仙 »

2007年8月31日 (金)

中山特別

新しい勤務先で3週間目を乗り切った。先週の段階から金曜日は中山で途中下車し『さつまっ子スペシャル21』に行く事に決めていた。おそらくさつまっ子チェーンなのだろうが、独立したのか単に独自色を強めたのかはわからない。オフィシャルHPにのっていないからやはり独立したのか?駅から歩いて5分ほど。街道沿いに赤い看板のいかにもラーメンショップという店構え。L字型のカウンター。入口に食券機。先客5人家族一組後客3人。テレビでドラえもんがやっていた。

Special2101 ラーメンショップさつまっ子スペシャル21

『スペシャル21ラーメン』 700円

屋号を冠した筆頭メニューを注文。さつまっ子という事でライト豚骨醤油だと勝手に想像していたが、油がやたら多い黒い醤油スープ。そこに大量の揚げネギと茹でたもやしとワカメがのる。特に香ばしい揚げネギの味が支配的でそれがスープの油にくるまれている。麺はそこそこコシのある中太ちぢれ麺。その下に何故か肉厚のチャーシューが隠されていた。簡単に言えば油ギトギトの揚げネギ醤油ラーメンだが、この個性的なジャンクさ加減は『二郎』や『イレブンフーズ』に通じるものがある。強烈な個性ゆえ客を選ぶ一杯。油が苦手な人はとても無理だろうが好きな人には中毒性は高そう。我は焦がしネギが好きなのではまりそうだ。機会があればまた再訪しても良い。

今度は駅の反対側へと向かう。線路沿いにある為電車の中からいつも見えていた黄色い看板が気になっていた店『縁』へ。カウンターと小さなテーブル席もある。かなり繁盛していて席がほとんど埋まっていた。空いていた席に強引に座った。印刷された卓上のメニューには普通のラーメン屋のメニューのみだったが両脇の客は酒を飲みながら何やら別のものを食べていた。よく店内を見てみると壁にホワイトボードが掛けられてそこにはさざえのつぼ焼きやらホッケ等があって半ば本当に居酒屋だった。どうりで回転率が悪いはずだ。口頭で注文。

Enishi02 支那そば 縁 『支那そば』 550円

筆頭の支那そば注文。他に普通の醤油・塩・味噌ラーメンがあり麺の太さも選べるようだ。支那そばは細麺のみ。魚介ダシを感じるさっぱり醤油スープ。麺はもちもちしたちぢれ細麺で意外と量が多い。具はメンマ、なると、小さめの海苔、大きめのチャーシュー各1枚。ワカメがちょっぴり添えられる。この値段にしてはまあまあな一杯だった。

« 日出剛浸 | トップページ | 住吉丸仙 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山特別:

« 日出剛浸 | トップページ | 住吉丸仙 »