カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 川越頑者 | トップページ | 大島南砂 »

2007年8月 3日 (金)

頑固一変

東武線で池袋に戻ってきたが、次の店を明確に決めていなかった。だがせっかく平日なのだから普段入れない有名店に入ろうとは思っていた。そこで頭に浮かんだのがあの『元祖一条流がんこ』の総本山が最近池袋に移転したという事。でも思いつきでいきなりあんな敷居の高いところに入ってもいいのだろうか悩んだ。しかし結果的にこの猛暑の中立ち止まっていても埒があかないのでとりあえず行ってみる事にした。開いているかももわからないし。そうしたらサンシャイン通りのすぐ近くにあった。骨もぶら下がっていた。中を覗くと誰もいない。怖いなーと思っていた、その隙に先客が店外の食券機で券を買った。ここでちょっと背中を押された気分になり自分も続いて食券購入。すると続いて後客一人が後ろに並んだ。その後さらに客一人。椅子が4席しかない。ちょうど満席。有名な店主とこんな近くで緊張する。とりあえず水をガブ飲みした。

Newganko02 Newganko01 新宗家一条流 がんこラーメン総本家 『新がんこ醤油ラーメン』 700円

とりあえずは筆頭メニューにしておいた。しかし出て来た一杯は今までのがんことは別のものだった。麺がチリチリしたかための細麺ではない。ツルツルした太麺ストレート。スープはしょっぱいけど煮干が強く感じる。はっきり言って麺屋武蔵のような一杯だった。ネットで調べるとつい2週間前にメニューを一新したばかりとの事。以前の味とあまりにも違うのでショックが大きく、チャーシューとかも美味しかったのだろうけれど何となく満足出来ない。食べたかった味とは違うものを出されたからだ。でもひとつの味に固執しない事こそが「がんこ」なのだろう。宗家の店でそれを教わった気がした。

« 川越頑者 | トップページ | 大島南砂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑固一変:

« 川越頑者 | トップページ | 大島南砂 »