カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 大島南砂 | トップページ | 真夏幡谷 »

2007年8月 4日 (土)

人形大勝

『大勝軒』には4つの系統がある事を以前書いた。ひとつはつけめん(もりそば)で有名な東池袋系大勝軒。その元の系列にあたる丸長系大勝軒。そしてそれとは全く別の香味油がかかった永福町系大勝軒。そして一番マイナーながら最も古い歴史を持つ中華料理の人形町系大勝軒。この最後の一角に行ってみようと人形町で下車。歩いて3分程度。本当に小さな食堂みたいな店構え。先客は常連らしい夫婦のみ。厨房は奥で見えなかったがおばちゃんが接客係。口頭で注文。

Ningyouchoutaisyouken01 中華料理 大勝軒 人形町店 『ラーメン』 500円

今まで昔ながらの…という表現を多用してきたが、これこそが昔ながらの東京ラーメンといった感じのもの。味が薄いあっさり醤油ラーメン。麺が茹でソーメンのように柔らかい細平打ち麺。そこに赤い縁の肉厚シャーシューと大きめのメンマ、さやえんどう、きざみネギがのる。はっきり言って不味かった。今の時代からは完全にかけ離れたもの。ノスタルジイを感じたい時のみに食べるものだろう。肉厚のチャーシューだけは美味しかったけど。

« 大島南砂 | トップページ | 真夏幡谷 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人形大勝:

« 大島南砂 | トップページ | 真夏幡谷 »