カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 送別川崎 | トップページ | 大岡山蒸 »

2007年7月14日 (土)

川崎残心

昨日が午前様だったので朝のジョギングはキャンセルしてしまった。それに朝から雨の一日だったし。それは大型台風が近づいているからだ。明日は関東に上陸するようだ。というわけで外出したくはなかったが屋久島旅行の準備がある為午後思い切って出かける事にした。ついでに昨日もフラれた川崎の店のリベンジを狙った。それがわざわざ雨の中またバスまで使って行ったがまたもや休み。もうこれは閉店と判断する。そこで駅に戻ってラーメンシンフォニーへ。我とは相性が悪い『いまむら』へ行く事にした。この川崎店は本店と違うスタイルだと聞いて気にはなっていたが、何せあの『いまむら』だけに今まで敬遠していた。店外の食券機で券を買っている間にちょうど我の前で満席に。5分くらい待たされた。

Imamura04 中華そば いまむら 川崎BE店

『こってり極太麺 川崎醤油味』 750円

『あっさり極細麺 上大岡醤油味』というのもある。確か上大岡店は閉店したのだがこちらに残っていたのか。いわゆる二郎インスパイヤ系というやつだろうか。もやしとキャベツを主体とした茹で野菜がのっている。麺は歯ごたえのある極太麺でまるで『暖々』のようだ。スープは煮干のような魚介系のダシが効いている油分の多いスープで蒲田の『潤』を彷彿させた。チャーシューは肉厚のもので上に茶色いジャムのようなものが塗ってあったのが気になったが何なのかわからなかった。海苔1枚も添えられる。『いまむら』にしては良かったと思う。

それからラゾーナに移動してビックカメラで軽量のオペラグラスとデジカメのSDカードを買う。相変わらず強い雨なのでまた別の場所に移動する気力が削がれてしまった。雨を気にせず移動出来るのが川崎の強み。今度はミューザ川崎へ。ここの1Fの『麺屋一刻』へ昨年11月以来の再入店。前回は限定の塩を食べたので基本の味が気にはなっていたから。

Menyaikkoku02 麺屋一刻 『らーめん』 650円

やっぱりエセ家系の豚骨醤油系だった。あまりコクのないデパ地下のラーメン屋レベルのスープ。麺はやや細めの中太麺。青梗菜とメンマ、チャーシューと海苔が各々1枚づつ入っている。何でもないラーメンだった。

土日に行くには相応しくない店だったが、川崎とは今後縁遠くなると思うので心残りが解消出来てよかった。 

« 送別川崎 | トップページ | 大岡山蒸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎残心:

« 送別川崎 | トップページ | 大岡山蒸 »