カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 見学小机 | トップページ | 雨歩沼袋 »

2007年7月11日 (水)

井之頭雨

Inogasira07071101 昨日次の勤め先の職場および業務内容と出勤日が決まったので精神的に落ち着く事が出来た。よって今日から本格的に心身共にネジの巻き直しとオーバーホールに入る事にした。まずとりあえず気持ちを入れ替えるべくリラックスする事にした。そんな時我が真っ先に思い浮かべるのが井の頭公園だ。6年以上前は毎週のように通って癒されていた我のヒーリングポイントだ。絵に描いたような休日のひと時を過ごせるからだ。でも今日は平日でしかも雨。それは梅雨の季節だから仕方ない。この場所はその季節ごとにその季節らしい表情を見せてくれる事が魅力のひとつでもあるからだ。しかしながら結果的にあまりヒーリング効果はあまり得ることは出来なかった。やはり人々が皆日頃のストレスから解放され優しい表情になっている様子が自分にも癒しをもたらしてくれたのであろう。でもその代わり今日は人気のない静かな樹木の匂いが香る中を散策できたのでマイナスイオン効果ぐらいは得られたと思う。

さて昼になったので今日の最初の目的の店『一二三(ひふみ)』へと向かう。繁華街からちょっと外れた場所に看板もなく店が現れた。ジャズがBGMとして流れる落ち着いた雰囲気のカウンター12席のみの店。開店時間間もないのに既に先客5人、すぐに後客5人で満席になった。厨房には髭の店主と女の店員。口頭で注文。

Hifumi01一二三 『一二三そば』 900円

結構待たされた後に登場。まるで間違えて日本蕎麦屋に来てしまったと錯覚したくらい日本蕎麦の顔をした一杯。麺も若干黒っぽいかための細麺。やっぱり蕎麦粉が入っているらしい。スープは魚介風味でこれまた蕎麦に近いが、蕎麦つゆほど濃くはなくまろやか。鶏油が影響しているのかな?具は細切りにされた茎わかめとチャーシュー、海苔1枚。これはラーメンの範疇に入れてよいものなのか?でも日本蕎麦のようで日本蕎麦ではない不思議な麺料理だ。ただ言える事はこの内容で900円というのはどうなのかなという事。味玉なんか200円もする。ラーメンではないオリジナル麺料理と考えればそれでいいのだろうが。

『一二三』はそれなりに美味しかったけどラーメンを食べたという満足感が全くなかったので、脊椎反射的にもう一店行く事にしてしまった。三越跡地に新しく出来たヨドバシカメラの脇の細い路地の中にある。『源宗近(みなもとのむねちか)』という厳めしい屋号を掲げている。店主が本当に源氏の末裔だとか。それはラーメンとは全く関係ないとは思うけど。赤と黒のお洒落な内外装でカウンター8席のみと小さい。厨房にはキャップ帽を被った若い男の店員が2名。先客ゼロだが後客4人。食券機で券購入。

Minamotonomunechika01こだわりのラーメン処 源宗近 『塩らーめん』 750円

オススメマークがついていた筆頭塩を注文。濃厚醤油というのもあった。何でもこの4月にリニューアルして味を変えたとの事。結構旨みダシが効いている美味しい塩スープ。それにかためでプリプリした食感の平打ち太麺が合っていて我の好み。チャーシューは脂多めでトロトロだけどさっぱりしているもの。青梗菜と彩りの為の練り物が添えられる。カッコつけラーメン店かとあまり期待していなかった美味しかった。意外な店で完食してしまった。

« 見学小机 | トップページ | 雨歩沼袋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/15726716

この記事へのトラックバック一覧です: 井之頭雨:

« 見学小机 | トップページ | 雨歩沼袋 »