カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 突発近所 | トップページ | 川崎残心 »

2007年7月13日 (金)

送別川崎

午前中は図書館に行ってみた。その後ツタヤの会員になって何か借りようと思ったがこれを断念。ブックオフで1冊購入し家に戻る。午後7時から平和島で送別会をしてもらえるとの事だったので4時頃近所のバス停に向かい桜木町まで行った。そこから電車に乗り川崎で下車した。年明けに行きフラれた店に行く為バスに乗り込んでまで行ったが閉店していた。しかたなくまたバスで駅に戻りラーメンシンフォニーかラゾーナか迷ったが、結局ラゾーナの『ちばき屋』にした。ここならあっさりしたラーメンが食べられるだろう。並ぶ事なく口頭で注文出来た。

Chibakiya02 屋台らーめん ちばき屋 川崎ラゾーナ店

『屋台らーめん(合わせ味)』 750円

手ぶらで行きたかったので携帯からの撮影に戻った。醤油と塩と合わせ味の3種類から選べる。合わせ味というのは醤油と塩を合わせた意味のようだ。若干背脂が浮くゲンコツ強めのスープにちぢれ細麺。薄いチャーシューとメンマ、青ネギの小口切りと海苔1枚。標準で半味玉が付いている。うーん葛西の本店で食べた時同様、何でもないラーメンだなという印象。昨日の『福福』ほどではないがインスタントラーメンを彷彿させる。これで500円台ならまだ許せたけど。

平和島で1週間ぶりに元同僚達と会った。たった1週間ぶりなのに久々のような気がする。3連休前という事で皆も解放的になっていたのだろう、飲み会は大いに盛り上がり23時半まで飲んでいた。我は京急川崎で下車しJRに乗り換える事にした。ところが京急改札を出て通りを渡ったところにチェーン店っぽいが見慣れないラーメンがあったのでふらふらと入店してしまった。看板にKO-YAとある。川崎駅周辺で居酒屋などを数店舗経営しているDayfieldというグループの傘下の店のようだ。入口に食券機が2台あり、カウンター席には5~6人客がいた。厨房には二人の男の店員と接客係の中国系女店員一人。ラーメンを待っている間暖簾をたたんで閉店の準備が始まった。

Koya01 中華食堂 空也 『茎わかめらーめん』 650円

『ちばき屋』も含めて昨日から普通の中華そばが続いていたので変化を持たせるべく塩の茎ワカメトッピングの一杯を注文。スープはワカメスープの薄いような感じ。業務用のような化調で構成された味なので評価とかの話じゃないようだ。麺は柔らかめのちぢれ細麺。茎わかめときざみネギ、メンマ、半玉、脂身の多い小さなチャーシュー。まぁ飲んだ後で十分だった。

« 突発近所 | トップページ | 川崎残心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 送別川崎:

« 突発近所 | トップページ | 川崎残心 »